ハリーポッターシリーズに登場するホグワーツ校の魔法薬学教室の先生と本、魔法薬(英語名称有り)を用途の種類別にした一覧と、魔法薬の調合に使う原材料を巻別と動植物別にした一覧を紹介しています。

それぞれの魔法薬をクリックすると、特徴、効果・効能・用途、材料、作り方、登場巻や場面のシーンなどを紹介するページに飛びます。

スポンサーリンク




ハリーポッター時代のホグワーツ校の魔法薬 魔法薬学教室の先生

魔法薬学の先生は二人ともスリザリン。

ホグワーツ校の「魔法薬学」の本

教科書

図書館の蔵書

 

ハリー・ポッターシリーズの魔法薬 一覧【種類別】

各魔法薬のリンクから、特徴、効果・効能・用途、材料、作り方、登場巻や場面のシーンなどを掲載した詳細ページを表示することができます。

生死を左右したり、偽造したりする系

病気・怪我の治療・癒し・回復系

容姿・体型を変える系

運を変える系

気持ちを変える系

  • 愛の妙薬 Love Potion (異性の気を惹かす薬)
  • 陶酔薬/陶酔感を誘う霊薬 Elixir to Induce Euphoria

行動を変える系

用途が不明な魔法薬

スポンサーリンク




ハリー・ポッターシリーズの魔法薬の原材料 一覧【巻別】

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石

【動物系】

【植物系】

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

【動物系】

【植物系】

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

【動物系】

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

【動物系】

【植物系】

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

【動物系】

【植物系】

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

【動物系】

【植物系】

スポンサーリンク