Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の材料の
コウモリの脾臓 Bat spleen
の英語、特徴、効果・効能・用途、この材料を使う魔法薬、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




材料名

コウモリの脾臓
Bat spleen

特徴

コウモリの脾臓は、生ける屍の水薬の原材料として使われる。

その他の用途や効能などは明らかにされていない。

この材料を使う魔法薬

生ける屍の水薬

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)
1991年、ハリーが初めてダイアゴン横丁に行った時に、薬問屋のショーウィンドウ越しにコウモリの脾臓入りの樽が積んであった。

また、トロールが攻撃してきた際、女子トイレ内にコウモリの脾臓が瓶に入って置いてあった。

スネイプ先生のオフィスに瓶入りのコウモリの脾臓が所蔵されている。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
スラグホーン先生のオフィスにも瓶入りのコウモリの脾臓がある。
Pottermore
スポンサーリンク