ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の材料の
鰻の目玉。

その英語、特徴、効果・効能・用途、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




「鰻の目玉」の英語|ハリーポッター(ハリポタ)魔法薬の材料

Eel Eye

特徴

鰻の目玉は、黄金虫の目玉とともに、魔法薬の原材料によく使われる原材料。

ダイアゴン横丁の薬問屋で瓶入りの鰻の目玉が1ガリオンで売られている。

効果・効能・用途

聖マンゴ病院の絵画によると、黒斑病(Spattergroit ハリポタ語)を治すには、満月の夜に裸になり、カエルの肝臓を喉元に縛り付けて、鰻の目玉入りの樽の中で立てば良い、とのこと。
ただし、これが正しい治療法かは不明。(5巻)

その他の用途や効能などは明らかにされていない。

シーン

1991年、ハリーが初めてダイアゴン横丁に行った時に、薬問屋のショーウィンドウ越しに こうもりの脾臓や鰻の目玉入りの樽が積んであった。(1巻)

スポンサーリンク




登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍)
  • ハリー・ポッター:魔法同盟
スポンサーリンク