Harry Potter ハリーポッターシリーズに出てくる魔法薬の材料の
ドラゴンの血 Dragon Blood
の英語、特徴、効果・効能・用途・この材料を使う魔法薬、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




材料名

ドラゴンの血
Dragon Blood

特徴

「ドラコンの血」とは、あらゆる種類のドラゴンの血液を指す。高価な材料。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(5巻書籍、映画共)で、ドラゴンの血は緑色。

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」(6巻書籍、映画共)では、ドラゴンの血は燃えるような赤色。

これは単にドラゴンの種類の違いか、幼体や成体の違い、住んでいる場所や食べ物の違いなどのによるものではないかと推測される。

アルバス・ダンブルドアホラス・スラグホーンが自宅で襲われたように見せかけるために撒いた血を少しなめただけでドラゴンの血だと判別した。ドラゴンの血は特殊な味がするのかダンブルドアが特別なのかは不明。(6巻)

効果・効能・用途

少なくても12の効能や用途があることを、アルバス・ダンブルドアが論文で発表。ただし、アイバー・ディロンスビーは、その内の8つの用途は自分の発見によるもので、ダンブルドアが論文に借用したとの主張が、リータ・スキーターにより明らかになった。(7巻)

ただし、具体的な用途についてはオーブンの掃除、シミ抜き、イボを治すことの3点しか明らかにされていない。

ハグリッドは巨人に襲われて怪我をした後、回復するために緑色の血の滴るドラコンの肉を顔の左側にあてがい、痛みを少しおさめた。(5巻)

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画)
名称が出てくるのみ
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画)
名称が出てくるのみ
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画)
Pottermore
スポンサーリンク