舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」(8巻)のあらすじ、リハーサル版と愛蔵版の違い、舞台公演地の一覧を掲載しています。

スポンサーリンク




ハリー・ポッターと呪いの子のあらすじ

ホグワーツ最後の戦いからその19年後。ハリーの次男アルバスとドラコの唯一の子供スコーピウスがホグワーツに入学。

アルバスは英雄の息子というプレッシャーがあり父との関係もうまくいっていない。

恐れていた通り、スリザリンに組み分けされ、ヴォルデモートの息子疑惑に悩むスコーピウスと、同じ大きな悩みを抱えている同士で大親友となる。

セドリックの親戚のデルフィーニと出会い、親の失態を拭うべく正義感から、新型タイムターナーを使いセドリックを救う時空間の旅に3人で出る。

何度も過去と現在を行き来して、ひどく変わってしまった歴史を修正しする。スコーピウスがかかり活躍。

最後は、デルフィーニが実はヴォルデモートとべらの娘であることが判明し、ハーマイオニー、ロン、ドラコも加わり交戦して、アズカバンに送る。

【主要悪役】デルフィーニ

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 舞台脚本 愛蔵版

スポンサーリンク




リハーサル版と愛蔵版の違い

若干台詞が異なるものの、ほぼ同じ。
違いは愛憎版での以下の追記。

  • 演出のジョン・ティファニーと脚本のジャック・ソーンの戯曲を読むことについての対談
  • ポッター家とウィーズリー家の家系図
  • ハリ・ポッターの年表
スポンサーリンク




ハリー・ポッターと呪いの子の舞台公演地

 ロンドン Palace Theatre

 ニューヨーク Lyric Theatre

 メルボルン Princess Theatre

 サンフランシスコ Curran(2019年秋〜)

 ハンブルグ Mehr! Theater(2020年春〜)

スポンサーリンク