舞台脚本「ハリー・ポッターと呪いの子」(ハリポタシリーズ8巻)のあらすじを掲載しています。
多少のネタバレがありますのでご注意ください!

スポンサーリンク




「ハリー・ポッターと呪いの子」のあらすじ【ネタバレ注意】

ホグワーツ最後の戦いからその19年後。

ハリー・ポッターの次男アルバスと、ドラコ・マルフォイの唯一の子供スコーピウスがホグワーツ魔法魔術学校に入学。

アルバスは英雄の息子というプレッシャーがあり、父との関係もうまくいっていませんでした。
一方、スコーピウスは、悪の根源だったヴォルデモートの息子ではないかという疑惑の噂が流れていてボッチでした。

アルバスは恐れていた通りに家族の中で唯一スリザリン寮に組み分けされます。
同寮生となったスコーピウスと、同じように大きな悩みを抱えている同士、大親友となりました。

故人セドリック・ディゴリーの親戚を名乗るデルフィーニと出会い、親の失態を拭うべく正義感から、セドリックの殺害を阻止するために、3人で新型タイムターナーを使った時空間の旅へ。

何度も過去と現在を行き来して、失敗を繰り返し、ひどく変わってしまった歴史をその度に修正。
その際、スコーピウスがかなり活躍します。

最後に、デルフィーニが実はヴォルデモートとベラトリックス・レストレンジの娘であることが判明。
アルバスとスコーピウスがピンチで助けを求めたところ、親世代のハリー&ジニー・ポッター夫妻、ハーマイオニー&ロン・ウィーズリー夫妻、ドラコ・マルフォイが参戦してきて、デルフィーニに対抗。
交戦をして、デルフィーニをアズカバン監獄に送ります。

スポンサーリンク