ハリポタシリーズの実質最終巻(8巻目)となっている舞台脚本、「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部」は、『特別リハーサル版』と『愛蔵版』の2種類があります。

その違いと、どちらがオススメなのかを解説しています。

スポンサーリンク




ハリー・ポッターと呪いの子「特別リハーサル版」と「愛蔵版」の違い

出版時期

「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版」は、ロンドンでの舞台公演が始まる直前に出版された舞台脚本です。
『愛蔵版』は舞台が始まってから、出版されています。

内容

内容は、若干台詞が異なるものの、ほぼ同じ。

違いは愛憎版での以下の追記があります。

  • 演出のジョン・ティファニーと脚本のジャック・ソーンの「舞台脚本をどう読むか」についての対談
  • ポッター家を連なる家(ウィーズリー家など)の家系図
  • ハリー・ポッターの年表

価格

  • 特別リハーサル版 1,800円+税
  • 愛蔵版 2,200円+税

価格の差額は300円です。

スポンサーリンク




それで、どちらがオススメ?

価格の差は300円と少額で、内容が多い「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 愛蔵版」をお勧めします。

特別リハーサル版 通販


愛蔵版 通販