ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物キャラクターでスリザリン寮出身で死喰い人のベラトリックス・レストレンジ。ベラトリックスについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(美人な容姿、最後、ハーマイオニーやヴォルデモートとの関係、娘、死因、強さ他)と映画の役者俳優と声優などを紹介しています。


【中央がベラトリックス】

スポンサーリンク




ベラトリックス・レストレンジのプロフィール

ベラトリックス・レストレンジは、純血の魔法使いで死喰い人。純血の魔法使い「聖28一族」に連なるブラック家出身。二人の妹、アンドロメダ・トンクスとナルシッサ・マルフォイがいる。夫も純血の名家出身で死喰い人のロドルファス・レストレンジ。夫婦共々ヴォルデモートのサポーター。純血で純血主義者のみ、信用していた。

ホグワーツ城の最後の戦いでモリー・ウィーズリーに殺害される。

美人だったが…

見目の良いブラック家出身で、かなりの美人だった。しかし、ヴォルデモートの失脚(肉体喪失)後、裁判にかけられて牢獄アズカバンで収監生活を送ったため、脱獄後に美人の面影はなかった。

ハーマイオニーとの関係

ハーマイオニーがハリー達と一緒に人さらいに捕まってマルフォイ邸に連れてこられた時に、ベラトリックスはハーマイオニーから情報を聞き出すために拷問。ハーマイオニーは、ハリーやロンやドビーの助けがあり、拷問からようやく逃れてマルフォイ邸を脱出。

その後、ハーマイオニーは分霊箱探しのため、グリンゴッツ魔法銀行のレストレンジ家の金庫破りをするため、ハリーが武装解除して持ち帰ったベラトリックスの杖と、ハーマイオニーの服についていたベラトリックスの髪の毛を使いポリジュース薬でベアトリックスに変身。金庫を破り、分霊箱となっていたハッフルパフのカップの破壊に成功した。

ベラトリックスの強さ

  • ベラトリックスは、ハリーの母リリーの犠牲の魔法により、ヴォルデモートが消息を絶った時にその理由を探るべく、夫や他の死喰い人達と当時闇祓いだったフランク&アリス・ロングボトムを誘拐して拷問。クルーシオで廃人にする
  • ベラトリックスは魔法省神秘部のバトルで従兄弟のシリウス・ブラックアバダケダブラで殺害。

ベラトリックスの最後

ホブワーツでの最後の戦いで絶好調のベラトリックス。ジニーに死の呪文を放ったが、わずかに逸れて殺害失敗。それを見たジニーの母モリーが激怒。「ベラトリックスの相手は自分がする」と、周囲に宣言。たかが主婦に負けるはずはないと油断していたベラトリックスは、モリーの放ったアバダケダブラで即死の最後を遂げる。

ヴォルデモートの関係と娘

復活後のヴォルデモートとの間に娘を授かる。ヴォルデモートとベラトリックスの死後は夫が育てる。

本名 ベラトリックス・レストレンジ
Bellatrix Lestrange
誕生 1951年
誕生 1951年 英国
死去 1998年5月2日 (往年47歳) 英国 スコットランド、ホグワーツ城 大広間
属種 人間 魔法使い 純血
性別 女性
婚姻 既婚
所属 死喰い人
別称 ベラ(妹ナルシッサとヴォルデモートからそう呼ばれる)

外見

黒色
茶色
特徴 ●色白
●美人(ただし、牢獄アズカバンで過ごしていたため、酷い容姿になる)

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 スリザリン

魔法関連

基本杖 鬼胡桃、ドラゴンの心臓の琴線、32cm
▶︎ベラトリックスの歴代の杖の画像やエピソードはこちら

家族

シグナス・ブラック3世
ドゥルーエラ・ブラック (旧姓ロジエール)
アンドロメダ・トンクス (旧姓ブラック)
ナルシッサ・マルフォイ (旧姓ブラック)
ロドルファス・レストレンジ
デルフィーニ(ヴォルデモートとの子供)
親族 ポラックス・ブラック (父方の祖父)
イルマ・ブラック (旧姓クラッブ 母方の祖母)
シリウス・ブラック (父方の従弟)
レギュラス・ブラック (父方の従弟)
他、レストレンジ家、ブラック家、トンクス家、マルフォイ家、ロジエール家、ウィーズリー家の親族
スポンサーリンク




登場シーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
ペンシーブ(憂いの篩)での記憶上のシーンに登場
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画・ビデオゲーム)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画・ビデオゲーム)

映画役者 俳優(女優)・吹き替え声優

俳優 ヘレナ・ボナム=カーター
声優 高乃麗
スポンサーリンク