ハリー・ポッター(ハリポタ)の登場人物キャラクターで、ウィーズリー家長男のビル・ウィーズリー。ビルについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(妻フラー、見た目、兄弟家族、人狼関連、イケメン画像他)と映画の役者俳優や吹き替え声優などを紹介しています。


スポンサーリンク




ビル・ウィーズリーのプロフィール

ビル・ウィーズリーは英国出身の純血魔法使い。ハンサムで優秀。ホグワーツ学生時代は、監督生で主席だった。卒業後は、グリンゴッツ魔法銀行に就職してフラー・デクラールとと職場結婚。3人の子を授かる。

生い立ち

純血魔法使いで魔法省に勤務するアーサー・ウィーズリーと主婦モリーの両親の間に6男1女の貧乏な大家族の長男として生まれる。

「どこに出しても恥ずかしくない」母モリーの自慢の息子。

学生時代

1982年にホグワーツに入学して、1989年に卒業。監督生と首席になり、優秀な成績を収める。

卒業後

ホグワーツを卒業後は、グリンゴッツ魔法銀行に就職。エジプトで「呪い破り」として勤務する。後、ヴォルデモートと対決するために英国に帰国。不死鳥の騎士団のメンバーとなる。

天文塔の戦いで人狼にグレイバック攻撃されて…

天文塔の戦いに参戦して、人狼グレイバックから攻撃を受け、イケメンに大きな傷を負う。その影響で人狼にはならなかったものの、ステーキのレアを好むようになる。(6巻)

フラーとの結婚生活

職場で知り合ったフラー・デラクールと結婚。ウィーズリー家の隠れ穴で結婚式を挙げが死喰い人の襲撃で中断。

結婚式の直前には、七人のポッター作戦にハリー役のフラーの護衛として参加。(7巻)

新居は貝殻の家。

ここでマルフォイ邸から逃げて来たハリー達一団を暖かく迎え入れる。後、3人の子を授かる。

ホグワーツでの最後の戦い

ホグワーツ最後の戦いでは、妻のフラーと共に参加。

後に、3人の子を授かる。

名前 ビル・ウィーズリー(ウィリアム・アーサー・ウィーズリー)
William Arthur “Bill” Weasley
呼称 ビル
誕生日 1970年11月29日
出身 英国
住居 貝殻の家
(魔法使いが住む集落の英国コンウォール州ティンワース)
忠誠の術の魔法をかけていて、ビルが「秘密の守人」となって家を守っている
属種 人間 純血
性別 男性
婚姻 既婚
職歴 【グリンゴッツ魔法銀行】
●エジブト勤務 「呪い破り」の職務→
●英国勤務「事務」
所属 不死鳥の騎士団

外見

赤毛
青色
特徴 ●白人
●ハンサム

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1982年入学)
出身寮 グリフィンドール
所属 ●監督生
●主席

家族

アーサー・ウィーズリー
モリー・プルウェット
兄弟 チャーリー・ウィーズリー(次弟)
パーシー・ウィーズリー(三弟)
フレッド・ウィーズリー(四弟)
ジョージ・ウィーズリー(五弟)
ロン・ウィーズリー(六弟)
ジニー・ウィーズリー(七妹)
フラー・デラクール
子供 ビクトワール・ウィーズリー (第一子 長女)
ドミニク・ウィーズリー (第二子 長男)
ルイ・ウィーズリー (第三子 次男)
親戚 ●セプティマス・ウィーズリー(祖父)
●セドレーラ・ウィーズリー(祖母)
●ビリウス(伯父)
●ミュリエル(母方の大叔母)
●ギデオン・プルウェット(伯父)
●フェービアン・プルウェット(伯父)
他、ウィーズリー家、プルウェット家、ポッター家、デラクール家の親族
スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画・ビデオゲーム)
名前が出て来たのみ
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画・ビデオゲーム)
名前が出て来たのみ
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
名前が出て来たのみ。映画では写真に写っていた。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART1/PART2・ビデオゲームPART1)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

映画 役者俳優・吹き替え声優

俳優 ドーナル・グリーソン
声優 佐藤拓也
スポンサーリンク