ハリー・ポッター(ハリポタ)の登場人物キャラクターで、主人公ハリーの親友ロンの父アーサー・ウィーズリー。アーサーについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(職業、強さ、死や怪我、ルシウス関連、英語名他)と映画の役者俳優や声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




アーサー・ウィーズリーのプロフィール

アーサー・ウィーズリーは英国出身の魔法省勤務の純血魔法使い。純血主義者とは相反してマグルとの平和な共存を望む。主人公ハリーの親友ロンの父。

ホグワーツの学生時代はグリフィンドールに組み分けされ、モリーと交際してその後結婚。6男1女を授かる。

ヴォルデモートの復活後は不死鳥の騎士団のメンバーとなり、ホグワーツの最後の戦いでも参戦。アーサーのことを権力に従わず出世欲がない貧乏な父と断定して仲違いされていたパーシーと戦いの場で和解。共に死喰い人と戦って、二人の上司である魔法大臣パイアス・シックネスを倒す。

アーサーの職業

「マグル製品不正使用取締局」の局長

アーサーの職業は、イギリス魔法省の「マグル製品不正使用取締局」の局長(〜5巻)。たった二人の局だった。仕事内容は、魔法のかかったマグル製品の取り締まり。ロンによるとマイナーな局。

「偽の防衛呪文ならびに保護器具の発見ならびに没収局」局長

後、「偽の防衛呪文ならびに保護器具の発見ならびに没収局」局長(6巻〜)に昇進して、給料も上がった。この局は、1996年7月にスクリムジョールが新設して、11人の局員が働くことになった。仕事内容は、ヴォルデモート陣営に対する人々の恐怖心につけ込み、利益を得ようとする商人の逮捕や商品の没収。

アーサーの強さ

アーサーの強さは不明。妻モリーのように死の呪文が放てる力があるか不明。またナギニに襲撃されて怪我を負うが、強力で優秀な魔法使いであるスネイプでさえナギニに襲われて絶命しているのでなんとも言い難い。

また、最後の戦いでは魔法大臣のパイアス・シックネスをパーシーと共闘で倒しているが、パーシーとアーサーがどちらがどの程度貢献したのか不明。また、操られるという失態を犯したパイアス・シックネスの実力がわからないので、こちらも何とも言い難い。

死にそうになった怪我

ハリーは心を開いてしまい、ヴォルデモートの意識と繋がって、アーサーが魔法省の神秘部で警備をしていた際にナギニに襲われた幻像を見る。急遽それをダンブルドアに報告したおかげで、アーサーは直ぐに聖マンゴ魔法疾患傷害病院に運ばれたので一命を取り止めた。おかげで死なずに済んだ、とハリーに感謝する。

ルシウスとは犬猿の仲

純血主義のルシウス・マルフォイと純血なのにマグルとうまくやっていこうとするアーサーは真逆の思考を持っているので犬猿の仲。出会えば、お互いの非難や中傷をする。

アーサーはヴォルデモートが消息を絶った時に、ルシウスや他の死喰い人が嘘を付いて罪を逃れたと疑っている。

アーサーが主導する「マグル保護法」の制定に関して批判的なルシウスは、アーサーの失脚を狙いそれを阻止しようとする。そのためにアーサーの娘ジニーに分霊箱「トム・リドルの日記」をこっそりと手に取らせる。秘密の部屋が開き、ジニーは死にかかるが、ハリーが分霊箱を破壊して、ルシウスの計画は失敗に終わる。(2巻)

名前・英語名 アーサー・ウィーズリー
Arthur Weasley
誕生日 1950年2月6日
出身 英国
属種 人間 純血 魔法使い
性別 男性
婚姻 既婚
職歴 【魔法省】
●マグル製品不正使用取締局(〜5巻)→
●偽の防衛呪文ならびに保護器具の発見ならびに没収局(6巻〜)
所属 不死鳥の騎士団

外見

赤毛
青色

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 グリフィンドール

魔法関連

基本杖 不明
守護霊 イタチ
所有魔法具 空飛ぶフォード・アングリア

家族

セプティマス・ウィーズリー
セドレーラ・ウィーズリー
モリー・ウィーズリー(旧姓プルウェット)
子供 ビル・ウィーズリー(長男)
チャーリー・ウィーズリー(次男)
パーシー・ウィーズリー(三男)
フレッド・ウィーズリー(四男)
ジョージ・ウィーズリー(五男)
ロン・ウィーズリー(六男)
ジニー・ウィーズリー(第七子 長女)
親戚 ●ビリウス(兄弟または義理兄弟)
●ミュリエル(義理の叔母)
●ギデオン・プルウェット(義理兄弟)
●フェービアン・プルウェット(義理兄弟)
ウィーズリー家、プルウェット家メンバー他、子供達の配偶者や孫など
スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画)
名前が出てくるのみ
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画・ビデオゲーム)
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画・ビデオゲーム)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART1/PART2・ビデオゲームPART2)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優 マーク・ウィリアムズ
声優 梅津秀行
スポンサーリンク