ハリーポッターと賢者の石(ハリポタ)他の登場人物キャラクターで、クィリナス・クィレル先生(「闇の魔術に対抗する防衛術」教授)について、書籍の原作に基づいたプロフィールをと映画の役者俳優と声優などを紹介しています。なぜターバンを巻いているのか、なぜ頭半分がヴォルデモートなのか、魔法関連やその最後など。

スポンサーリンク




クィリナス・クィレル先生のプロフィール

クィリナス・クィレルは、ホグワーツ校の「マグル学」の教授で、後に「闇の魔術に対抗する防衛術」の教授に就任。頭半分がヴォルデモートと化していた。賢者の石を盗もうとして、それを守るハリーと対決。最後はハリーの体内にあるリリーの魔力で焼死。

ホグワーツ学生時代はレイブンクロー寮生

レイブンクロー寮に組み分けされた。神経質でおどおどしていたので、他生徒からからかわれていたので、反発心が芽生え「闇の魔術」に興味を持つ。

卒業後の仕事とヴォルデモートとターバン

時期は不明だが、ホグワーツ校のマグル学の教授となる。

1990年に実務経験のためという名目で一年の長期休暇を取り、世界を旅する。本当の目的は興味と自己顕示とのためのヴォルデモートの残骸探しだった。休暇の終わりにアルバニアの森で肉体のないヴォルデモートと出会う。

ホグワーツ校の教授の地位にあるクィレルはヴォルデモートに利用されることになる。ヴォルデモート復活のために、クィレルはグリンゴッツ魔法銀行から「賢者の石」を盗もうとするが失敗。それ以降、ヴォルデモートはクィレルに取り憑き、頭半分がヴォルデモートの顔と化す。

クィレルはそれを「アラブのプリンスをソンビから救ったお礼にもらった」と称したにんにく臭いターバンを常時巻いて隠す。

休暇後は「闇の魔術に対抗する防衛術」に着任。

クィリナス・クィレル先生の最後

ダンブルドアがハグリッドに指示してホグワーツ校に持って来させた「賢者の石」を教授陣の魔法で厳重に地下の部屋で保管。クィレルはダンブルドアの留守を狙って、それを再度盗もうとするがロンとハーマイオニーの協力を得たハリーによって、阻止される。最後はハリーの体内に残るリリーの魔法により焼死する。

本名 クィリナス・クィレル
Quirinus Quirrell
誕生 ?(1972年以前)9月26日
死去 1992年6月4日 ホグワーツ城 地下
属種 人間 半純血
性別 男性
婚姻 未婚
職歴 【ホグワーツ魔法魔術学校】
●マグル学 教授 (?~-1990年)
●闇の魔術に対抗する防衛術 教授(1991年~1992年)

外見

肌色 色白
特徴 1990年の一年の長期休暇後はターバンを常時着用

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 レイブンクロー

魔法関連

基本杖 ハンノキ、ユニコーンの毛、23 cm
守護霊 実体なし

家族

詳細不明。

スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画・ビデオゲーム)
「闇の魔術に対抗する防衛術」の教授として登場して、後に死亡。
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍)
名前が出てきただけ。
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍)
名前が出てきただけ。
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
名前が出てきただけ。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・ビデオゲーム)
名前が出てきただけ。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・ビデオゲーム)
名前が出てきただけ。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART2)
過去シーンに登場。
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優 イアン・ハート
声優 横堀悦夫
スポンサーリンク