ハリー・ポッター(ハリポタ)全シリーズの登場人物キャラクター、ビクトール・クラムについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(見た目、家族、年齢他)と映画の俳優と声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




ビクトール・クラムのプロフィール

ビクトール・クラムはクィディッチのブルガリア代表チームの天才シーカー。18歳でワールドカッブに出場。決勝戦ではアイルランドに負けてしまうが、スニッチは掴んだ。ダームストラング専門学校出身。口数が少なくいかつい容姿なので誤解されやすいが、心優しく礼儀正しい。

三大魔法学校対抗試合の代表選手に選出

三大魔法学校対抗試合のためにダームストラング専門学校生としてホグワーツに来校。セドリックハリーフラーと共に代表選手に選ばれる。

第三の課題ではバーテミウス・クラウチ・ジュニアに邪魔されて優勝できなかった。(4巻)

ハーマイオニーに好意。ダンスパートナーに誘う

ハーマイオニーに一目惚れして、好意を寄せる。クリスマスパーティでのダンスパートナーに誘い、ダンスを一緒に踊る。(4巻)

大会終了後は、文通をする友達になり、ロンは嫉妬。

ビルとフラーの結婚式で再会するが、ハーマイオニーとロンが話しているのを見て嫉妬。他人に変装していたハリーとは知らない他人に「有名になっても、可愛い女の子が自分に振り向いてくれないなら意味がない」と零していた。(7巻)

その後

2002年のクィディッチのワールドカップ決勝戦に出場するが、またもや勝てずにブルガリアは敗退し、その時にクィディッチを引退。その後、2014年のワールドカップで復帰して、ブラジルを制して優勝。「死ぬ前にワールドカップで優勝したい」という念願が叶った。(ポッターモア)

名前 ビクトール・クラム
Viktor Krum
誕生日 1976年4月~8月
属種 人間 魔法使い 純血か半純血
出身 ブルガリア
性別 男性
婚姻 既婚
職業 クィディッチ ブルガリア代表 シーカー

外見

黒色
黒色
肌色 色白

学歴

出身校 ダームストラング専門学校
所属・タイトル 三大魔法学校対抗試合 代表選手

魔法関連

基本杖 クマシデ、ドラゴンの心臓の琴線、26cm
▶︎杖の画像などはこちら

家族

両親、祖父、妻がいることはわかっているが名前など詳細は不明。

スポンサーリンク




登場シーン

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画・ビデオゲーム)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・ビデオゲーム)
名前が出て来たのみ
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
名前が出て来たのみ
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
Pottermore

映画 役者俳優・吹き替え声優

俳優 スタニスラフ・アイエネフスキー
声優 坂詰貴之
スポンサーリンク