ハリー・ポッターと炎のゴブレットを中心に(ハリポタ)シリーズに登場する、キャラクター(登場人物)でハッフルパフ寮出身のセドリック・ディゴリー。セドリックについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(見た目、家族、その最後他)と映画の俳優と声優やイケメン画像などを紹介しています。

スポンサーリンク





【クィディッチのワールドカップ会場へポートキーで向かう前のセドリック】

セドリック・ディゴリーの簡単な紹介


セドリック・ディゴリーはハリーより2学年上の、ハッフルパフ寮の魔法使い。茶色の髪で、グレーの瞳を持つ、長身のハンサム。温和で思慮深く、性格も成績も良くて、監督生で模範生。容姿、成績、性格の全てがいい。

クィディッチのハッフルパフ寮代表チームのシーカーでキャプテンを兼任。グリフィンドールがハッフルパフに負けたのは、ハリーが吸魂鬼のせいで箒から落ちたと知ると、試合のやり直しを提案するほど公正な性格。(3巻)

三大魔法学校対抗試合では、クラムフラーと共に代表選手に選ばれる。対象外なのに代表選手に選ばれてしまったハリーは、ロンを始めとした生徒に卑怯な手を使ったと思われていた。そのような状況でも、セドリックはハリーを信じて庇った。

セドリックとチョウ・チャン

セドリックとチョウ・チャンは交際していた。

クリスマスパーティでは、セドリックがチョウ・チャンをエスコート。

セドリックの最後

三大魔法学校対抗試合の最後の第三の課題では、ハリーとセドリックが同時に終了。優勝杯に一緒に触れると、それがポートキーにされていたために、二人ともリトル・ハングルトンの墓地に飛ばされる。そこでヴォルデモートを復活させるためにハリーを待ち受けていたピーター・ペティグリューが、邪魔だったセドリックをあっさりと死の呪文で瞬殺。

ハリーは血を抜かれてそれをヴォルデモートに捧げられ、ヴォルデモートが復活。続いて、ハリーとヴォルデモートが決闘。その間にセドリックや他の人の霊魂が現れ、ヴォルデモートの邪魔をする。ハリーはセドリックの霊魂の希望通りに、亡骸をホグワーツに連れてポートキーでホグワーツに戻る。(4巻)

全ての模範生のセドリックが死喰い人に!

ハリーの次男アルバス達がタイムターナーを使って過去を変えた改竄された世界の一つで、セドリックが死喰い人となる。

三大魔法学校対抗試合の最中に肥らせ魔法で妨害されて、笑い者にされたセドリックは、怒り狂って死喰い人になる。ホグワーツでの最後の決戦でセドリックはネビルを殺害したため、ネビルはナギニを倒さなかった。そのため、分霊箱が残ったヴォルデモートが勝ち、ハリーは死亡。この改竄された世界は、スコーピウスがタイムターナーを使って元に戻す。(8巻)

名前 セドリック・ディゴリー
Cedric Diggory
誕生日 1979年9月1日〜10月31日
死去 1995年6月24日 (往年17歳 イングランド、リトル・ハングルトン墓地)
属種 人間 魔法使い 純血か半純血
性別 男性

外見

茶色
灰色
肌色 ●色白
●背が高い
●ハンサム

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1993年入学)
出身寮 ハッフルパフ
所属・タイトル ●監督生
●ハッフルパフ寮代表選手 キャプテン兼シーカー
●監督生
●三大魔法学校対抗試合 代表選手

魔法関連

基本杖 トネリコ、ユニコーンの毛、30cm
▶︎杖の画像などはこちら

家族

エイモス・ディゴリー
名前は不明
スポンサーリンク




登場シーン

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画・ビデオゲーム)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
幻影や写真のみ
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
名前が出て来たのみ
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
名前が出て来たのみ
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
改竄された世界で登場
Pottermore

映画 役者俳優・吹き替え声優

俳優 ロバート・パティンソン
声優 日野聡
スポンサーリンク