ハリポタシリーズに登場する、ハリー・ポッターの親世代のメアリー・マクドナルドとは?

メアリー・マクドナルドについて、書籍の原作に基づいた紹介しています。

スポンサーリンク




メアリー・マクドナルドのプロフィール

メアリー・マクドナルドは魔法使いで、ホグワーツ出身。

学生時代、同窓生のマルシベールに闇の魔術をかけられそうになった。
リリー・エバンス(後にハリーの母となる)はそのことを邪悪だと言い、セブルス・スネイプに指摘して、マルシベールや同様のエイブリーとつるんでいるスネイプを批判した。

それ以外で、メアリー・マクドナルドは登場していない。

スポンサーリンク




名前
英語
メアリー・マクドナルド
Mary Macdonald
出身 英国かアイルランド
属種 人間 魔法使い
性別 女性
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
(ハリーの親世代)
スポンサーリンク




登場作

名前が出てくるだけで、本人は登場しない。

  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
スポンサーリンク