ハリー・ポッター(ハリポタ)に登場する、セブルス・スネイプと同世代のマルシベールとは?

マルシベールについて、書籍の原作に基づいた紹介しています。

スポンサーリンク




マルシベールのプロフィール

マルシベールは魔法使いで、ホグワーツ出身。
セブルス・スネイプと同世代で死喰い人。

学生時代、同窓生のメアリー・マクドナルドに闇の魔術を使おうとした。
リリー・エバンスはそのことを邪悪だと言い、セブルス・スネイプに指摘して、マルシベールや同様のエイブリーとつるんでいるスネイプを批判した。

ヴォルデモー世代でもう1人のマルシベールが登場するが、その関係は明らかにされていない。
また、アズカバンに収監→脱獄→神秘部の戦いに参戦→ダンブルドアに捕らえられる→再度収監された服従の呪文を得意とするマルシベールという人物がいるが、どちらのマルシベールかは不明。

スポンサーリンク




名前
英語
マルシベール
Mulciber
出身 英国かアイルランド
属種 人間 魔法使い
性別 男性
出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
(セブルス・スネイプ世代)
スポンサーリンク




登場作

  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
スポンサーリンク