ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物で死喰い人の、アントニン・ドロホフ。

デスイーター、アントニン・ドロホフのプロフィールを紹介しています。
リーマス・ルーピン殺害の逸話やpottermore画像なども掲載。

スポンサーリンク




アントニン・ドロホフのプロフィール

アントニン・ドロホフは、初期からヴォルデモートに賛同するデスイーター(死喰い人)。

ヴォルデモートが消息を絶った後、イゴール・カルカロフの司法取引によって告発される。
直ぐに捕まって、プルウェット兄弟を殺害した罪で、アズカバンへ送られた。

アントニン・ドロホフの強さ

戦闘能力が高く、数々のマグルや反ヴォルデモート派を拷問した。(イゴール・カルカロフ談)

殺害した相手。

  • ギデオン・プルウェット(モリーの兄弟。死喰い人5人で兄弟2人を殺害)
  • フェービアン・プルウェット(モリーの兄弟)
  • リーマス・ルーピン

魔法のスキル

杖を鞭のように振るい、紫の炎で致命傷を負わせる特殊な魔法を操る。

神秘部の戦い

アズカバンを脱獄後、魔法省の神秘部の戦いに参戦。
ハリーネビルハーマイオニー3人のいる方向へ魔法を放ち、三人の位置を確認。

ハーマイオニーはシレンシオ呪文でアントニン・ドロホフを黙らせる。

アントニン・ドロホフは、ハーマイオニーに無言呪文で何かわからない魔法を放ち、怪我をさせて応戦。

ネビルの顔を蹴って、鼻と杖を折る。

その隙にハリーは、アントニン・ドロホフをペトリフィカス・トタルス 石になれ呪文でダウンさせる。

アントニン・ドロホフはその後、復活。

不死鳥の騎士団のメンバー到着後、2対1でムーディを一時的に倒す。

直後、ハリーをまた標的にして、ハーマイオニーに放ったものとと同じ魔法を使うが、ハリーが プロテゴ 護れで護身。

最後は闇祓いに捕まり、再びアズカバンへ送られる。

ホグワーツの最終決戦に参戦、ルーピンを殺害

再脱獄。
ホグワーツの最終決戦に参戦。

ディーン・トーマスと共闘していたパーバティ・パチルに、ペトリフィカス・トタルス 石になれを受けてダウン。
その後、復活してリーマス・ルーピンを殺害。
作中では、死に顔は穏やかだったと書かれていたが、殺害の様子の描写はなかった。
pottermoreによると、ルーピンは子供が出来て数ヶ月ほど緊張した環境にいなく、体や感覚がバトルをするのに鈍っていたのではないかとのこと。

アントニン・ドロホフは最後に、フィリウス・フリットウィックに敗れる。

本名
英語名
アントニン・ドロホフ
Antonin Dolohov
属種 人間 魔法使い
性別 男性
所属 死喰い人

外見

長くひんまがった青白い顔をしている。

スポンサーリンク




登場シーン

4巻、6巻は名前が出てきただけ。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART1/2、ビデオゲーム)
pottermore

映画役者 俳優・吹き替え声優

俳優 アーベン・バジラクタラジ
声優 山口りゅう
スポンサーリンク