Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Petrificus Totalus ペトリフィカス・トタルス 石になれ
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

ペトリフィカス・トタルス 石になれ
Petrificus Totalus
pɛˈtrɪfᵻkəs toʊˈtæləs/ pe-trif-i-kəs toh-tal-əs

魔法の用途

金縛りにする。声も出せず、身動きが一切できなくなる。体は自由がきかなくなるが、意識はあり、考えることもできる。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語でpetraは石、fieri(factusの過去形)はなるという意味。
totalusはラテン語totusで完全という意味。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

 

術者 場面
第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石
ハーマイオニー
グレンジャー
賢者の石探しに夜中に寮を出ようとしたハリー、ロン、ハーマイオニーを止めようとしたネビルに使用。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー
ネビル
魔法省の神秘部のバトルの時に、死喰い人達に使用。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ドラコ
マルフォイ
ホグワーツ特急内の終着でのハリーとの小競り合いで使用。
アルバス
ダンブルドア
ホグワーツの天文台の塔で、スネイプに殺される直前にハリーに無言呪文でこの呪文をかけて出だしをできなくさせた。ダンブルドアの死と同時にこの呪文が解除される。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
ハーマイオニー
グレンジャー
ビルとフラーの結婚式後の惨事の後に逃げたカフェで、死喰い人ドロホフに使用。
パーバティ
パチル
第2次ホグワーツの戦いの時に、ドロホフからディーンを守るために使用。
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シナリオ書籍・映画)
ニュート
スキャマンダー
アメリカのスティーン国立銀行のニューヨークの支店の地下の開いた金庫の前にいたジェイコブを泥棒と勘違いした、銀行員のギルバート・ビングリーが警報機を鳴らそうとしたときにニュートがビングリーを硬直させた。
スポンサーリンク