Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文や魔法で
Fiendfyre 悪霊の火
の魔法の英語、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。悪霊の火を出したヴォルデモートとダンブルドアのバトル動画も掲載しています。

スポンサーリンク




魔法

悪霊の火
Fiendfyre

魔法の用途

呪われた火の魔法。闇の魔術で、蛇、鷹、キメラ、ドラゴンなどが大きな炎で形作られて、意思を持っているかのように瞬時に襲いかかる。ただし、高度な魔法なので、制御が難しい。普通の水や魔法をかけた水でさえ、消す事ができない。

呪文の語源・由来・意味

英語でFiendは悪霊や悪魔、英語の古語でfyreは火の意味。口頭で唱える場合の呪文は不明。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ヴォルデモート 魔法省神秘部でアルバス・ダンブルドアとのバトルの際に、この呪いを発動させて巨大な炎のバジリスクを出す。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
アミカス
カロー
ホグワーツでビンセント・クラッブにこの呪いを教えた。
ビンセントクラッブ 第2次ホグワーツの戦いの必要の部屋でのバトルの際に、この呪いを発動させて悪霊の火でキメラを形作ったが、制御出来ずにこの炎で自らの命を落とす。その際、この炎が分霊箱のレイブンクローの髪飾りも破壊した。映画では、この役目をグレゴリー・ゴイルが担った。

【ダンブルドアと戦うヴォルデモートが出した悪霊の火】

▶︎キメラについてはこちら

スポンサーリンク