ハリーポッターの映画のみに出てくる魔法呪文との
ヴァルネラ・サネントゥール 傷よ、癒えよ。

その呪文の英語・発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、反対呪文、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文・英語・発音

ヴァルネラ・サネントゥール 傷よ、癒えよ
Vulnera Sanentur
vul-nur-ah sahn-en-tur

呪文の語源・由来・意味

ラテン語のvulnusは傷、sanareは癒すという意味。

魔法の用途

傷を癒す。スネイプが使用した際は洋服も修復した。

反対呪文

セクタムセンプラ 切り裂け Sectumsempra

スポンサーリンク




登場作品&シーン

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス【映画オリジナル】

【術者】セブルス・スネイプ
【場面】ハリーは嘆きのマートルのトイレにいたドラコと小競り合いになり、セクタムセンプラ 切り裂けを何の呪文かも知らずにドラコに放ち、大けがをさせてしまった。

そこを通りかかったスネイプがドラコをこの呪文を使用して癒す。
綺麗に傷が癒えただけではなく、洋服まで修復された。

第3作 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【術者】グリンデルバルド
【場面】キリンを蘇生した後、「ヴァルネラ・サネントゥール 傷よ、癒えよ」呪文で癒した。

スポンサーリンク