Harry Potter ハリーポッターに出てくる呪文と魔法の
Sectumsempra セクタムセンプラ 切り裂け
の呪文の発音、魔法の用途、呪文の語源・由来・意味、登場場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




呪文と発音

セクタムセンプラ 切り裂け
Sectumsempra
sɛktəmˈsɛmprə/ sek-təm-sem-prə

魔法の用途

呪文を放つと小さな白い光が放たれ、相手の体を酷く切り裂く。切り傷をつくる場合と、身体の一部を切り取る場合がある。切り裂かれると血が噴き出し、傷の程度が酷いと出血多量で死亡する可能性もある。スネイプ常用の呪文。

呪文の語源・由来・意味

ラテン語sectumは切り裂く、semperはずっと、いつもという意味。

魔法の発明者

セブルス・スネイプ(半純血プリンス)

治療するには

セブルス・スネイプ(半純血プリンス)は、ハリーにこの呪文で傷つけられたドラコを歌うような呪文で治療した。映画では、ヴァルネラ・サネントゥール 傷よ、癒えよ Vulnera Sanenturという呪文で、傷口や引き裂かれた服まで元通りにした。

スポンサーリンク




登場場面のシーン

術者 場面
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
セブルス
スネイプ
スネイプのオフィスにて閉心術の個人レッスン中、ハリーは誤ってペンシーブでスネイプの記憶をみる。その記憶の中には、ホグワーツ学生時代のスネイプが、ジェームズにこの呪文を放ち、ジェームズの頬を擦って小さな切り傷を作った出来事があった。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー
ポッター
「半純血のプリンス」の私物、上級用の魔法薬学の本を手に入れたハリーは、そこに走り書きしてあったこの呪文を知る。嘆きのマートルのトイレにいたドラコとの小競り合いの時に、この呪文を使用して、ドラコをひどく切り裂いてしまう。この呪文がどのような術かを知らなかったハリーは驚愕し、そこを通りかかったスネイプがドラコを癒した。
ハリー
ポッター
海際の洞窟での分霊箱探しで亡者に対して、この呪文も含めたいろいろな呪文で対抗。しかし、生身ではない亡者に対しては、大した効果はなかった。
ハリー
ポッター
ダンブルドアを殺したスネイプを追って、ハリーはスネイプと対峙して、この呪文を使おうとしたが、阻止される。そして、スネイプ自身が半純血のプリンスでこの呪文の発明者だと告白された。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
セブルス
スネイプ
7人のハリーのバトルの際に、スナイプはこの呪文を放ち、誤ってジョージの左を失わせた。しかし、不死鳥の騎士団メンバーでさえ、治療法は不明で、耳を元に戻す事は出来なかった。
スポンサーリンク