ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)とファンタスティック・ビースト(ファンタビ)シリーズに出てくる「血の呪い」。
マレディクタス Maledictusの意味は?
ナギニはもともとは、マレディクタス Maledictusの女性でした!

アストリア・マルフォイの「血の呪い」との関係は?

pottermoreなどの公式サイト、ツイート、書籍の原作に基づいた「血の呪い」の解説を掲載しています。

スポンサーリンク




マレディクタスとは?

マレディクタス(Maledictus)とは、「血の呪い blood malediction」により魔法動物に変身できるもののことをいう。
動物もどきと違い、自分の意思で変身できない。

マレディクタス(Maledictus)の意味

ラテン語で、Maledictusは「呪われた」という意味。
Malは「悪い」「間違い」「病気」という意味で、dictusは「言われる」という意味。

クラウディア・キムが自分の役はマレディクタスの「ナギニ」だと告白!

ナギニがもともと人間の女性で、マレディクタスであることが公表された動画。

蛇に変身するナギニ。

スポンサーリンク




アストリア・マルフォイの「血の呪い」

8巻でドラコ・マルフォイが妻のアストリアは先祖が受けた「血の呪い」(blood malediction)が出てしまっているとハリーに伝える。

これが同じ「血の呪い」なのかは明らかにされていない。

スポンサーリンク