ハリーポッターに出てくるヒッポグリフの名前はバックビーク。

後にウィザウィングズと改名。
バックビークについてまとめています。

スポンサーリンク




バックビーク→ウィザウィングズ
(ハリーポッターのヒッポグリフの名前)

魔法生物飼育学の授業でハグリッドは、バックビークと名付けたヒッポグリフの扱いを生徒に教えました。
その際、ハリー・ポッターはバックビークを華麗に乗りこなします。

しかし、バックビークがドラコ・マルフォイに怪我をさせてしまったため、父のルシウスが学校に講義。

バックビークを処刑することに。

ハリーとハーマイオニーは、タイムターナーを使って過去に戻り、無実のシリウス・ブラックを救うと同時にバックビークの処刑を回避します。

シリウスはバックビークに乗って逃走。
バックビークはシリウスと共にブラック邸に居住します。

シリウスの死後、バックビークは「ウィザウィングズ」と改名されてハグリッドが引き取ります。

ウィザウィングズ(元バックビーク)は、仲間のヒッポグリフと共にホグワーツ最後の戦いに参戦しました。

スポンサーリンク




登場作品

  • 第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(ビデオゲームのみ)
  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • 幻の動物とその生息地

ヒッポグリフ|ハリーポッターの魔法生物