ハリー・ポッター(ハリポタ)全シリーズの登場人物キャラクターで、スリザリン寮出身のドラコ・マルフォイについて、書籍の原作に基づいたプロフィール(英語の名前、見た目、父母などの家族、誕生日、結婚とその後、魔法関連他)と映画の俳優と声優などを紹介しています。

スポンサーリンク




ドラコ・マルフォイのプロフィール

ドラコ・マルフォイはハリーと同級生でスリザリン寮の純血の魔法使い。「間違いなく純血の血筋」とされる「聖28一族」の名家マルフォイ家に生まれる。父はルシウス・マルフォイで、母は同様に名家のブラック家出身で兄弟はいない。色白で顎が尖っていて、プラチナブロンドの髪とグレーの瞳を持つ。

ホグワーツ校時代は、スリザリン寮のグレゴリー・ゴイルビンセント・クラッブといつも一緒につるんでいて、女子学生では一緒に監督生をしたパンジー・パーキンソンと仲が良かった。ハリーとは敵対関係にあった。


【入学早々、ハリーがドラコを拒絶するシーン】

幼少の頃

ドラコ・マルフォイは純血魔法使いの名家出身の両親の元に生まれ、純血主義の思想が植え付けられる。裕福で、常に最高品質のものを与えられ、溺愛される。父のルシウス・マルフォイはドラコを北のダームストラング専門学校に入学させたがったが、母のナルシッサが息子を遠くに送りたくなかったため、ホグワーツ校に入学することとなる。

ホグワーツ時代

入学前のホグワーツ急行の車内でハリー・ポッターロン・ウィーズリーと出会う。親同士が犬猿の仲なため、ロンをけなして、ハリーと仲良くしようとするが、ハリーに断れれる。それ以来敵対したり、ライバル意識を持つようになる。純血至上主義のため、マグル出身で優秀なハーマイオニーをよく中傷する。寮は期待と希望通りにスリザリンに組み分けされた。(1巻)

2年になり、クィディッチのスリザリン寮代表選手のシーカーとなり、ハリーのライバルとなる。父ルシウスは選手全員にニンバス2001を贈った。しかし、対グリフィンドール戦では、ハリーにスニッチを取られて完敗。(2巻)

5年生で、パンジー・パーキンソンと共に監督生に選ばれる。アンブリッジがダンブルドアを事実上追い出して校長を自称すると、監督生よりも権力を持つ「尋問官親衛隊」を作り、ドラコはそのメンバーとなり強権を他寮の生徒や先輩にも駆使して嫌がられる。アンブリッジがホグワーツで失脚すると「尋問官親衛隊」は解散となる。父ルシウスは扇動した魔法省神秘部のバトルで捕らえられて、アズカバンに収監される。(5巻)

父の失態を償うため、ドラコは死喰い人見習いとなり、ヴォルデモートからダンブルドア殺害の命令を受ける。「呪いのネックレス」などを使ったりして何度か試みるが一人では失敗。「姿をくらますキャビネット棚」を使い、「必要の部屋」から死喰い人をホグワーツに侵入させて、ホグワーツで死喰い人と先生達のバトルが開始。ドラコは天文の塔に帰って来たばかりで弱っていたダンブルドアを武装解除。それ以上できなかったドラコをおいて、スネイプがダンブルドアを殺害してサポートする。(6巻)

ドラコは、分霊箱探しの旅の途中で人さらいに攫われて捕らえられたハリー達と自宅マルフォイ邸で再会。その際、ハリーはドラコの杖を奪い、仲間と逃走する。

ホグワーツ城の最後の戦いでは「必要の部屋」で、レイブンクローの髪飾りを探していたハリー、ハーマイオニー、ロンと、対峙するドラコ、ゴイル、クラッブのバトルが繰り広げられる。その際クラッブが「悪霊の火」を放ち、火が部屋中に蔓延。ハリー、ハーマイオニー、ロンが逃げる際に、気を失ったゴイルと共に、助けを求めるドラコを救う。(7巻)

その後と結婚

スリザリンの同級生だったダフネ・グリーングラスの妹アステリアと結婚。二人の間には、唯一の息子、スコーピウスを授かる。(7巻)

アステリアは純血至上主義ではなかったため、ドラコの両親は遺憾だった。しかし、スコーピウスがホグワーツに在学中にアステリアは他界。ドラコの家族はスコーピウスのみとなる。(8巻)

名前 ドラコ・マルフォイ
Draco Malfoy
誕生日 1980年6月5日
出身 英国
属種 人間 魔法使い 純血
性別 男性
婚姻 死別

外見

プラチナブロンド
灰色
肌色 色白で、顔は青白い

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1991年入学)
出身寮 スリザリン
所属 ●監督生
●スリザリン寮代表選手 シーカー
●尋問官親衛隊 メンバー(5年生)


【スリザリン寮のコモンルーム】

魔法関連

基本杖 サンザシ、ユニコーンの毛、25cm
▶︎杖のエピソードや歴代使った杖はこちら
守護霊 なし

家族

ルシウス・マルフォイ
ナルシッサ・マルフォイ(旧姓ブラック)
アストリア・マルフォイ (旧姓グリーングラス)
息子 スコーピウス・マルフォイ
親戚 ●アブラクサス・マルフォイ (父方の祖父)
●シグナス・ブラック3世 (母方の祖父)
●ドゥルーエラ・ブラック (旧姓ロジエール 母方の祖母)
ベラトリックス・レストレンジ (旧姓ブラック家 母方の伯母)
●ロドルファス・レストレンジ (母方の伯父)
アンドロメダ・トンクス (旧姓ブラック 母方の伯母)
テッド・トンクス (母方の伯父)
ニンファドーラ・ルーピン (旧姓トンクス 母方の従姉弟)
ダフネ・グリーングラス (義姉)
他、マルフォイ家、ブラック家、グリーングラス家
スポンサーリンク




登場シーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍・映画・ビデオゲーム)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画・ビデオゲーム)
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画・ビデオゲーム)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART1/PART2・ビデオゲーム)
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
Pottermore

映画 役者俳優・吹き替え声優

俳優 トム・フェルトン
声優 三枝享祐
スポンサーリンク