ハリーポッターシリーズに登場するドラコ・マルフォイの魔法の杖の芯、本体の素材(木の種類)、長さ、製造元、柔軟性、杖にまつわるエピソード、デザイン画像などをまとめています。

ドラコが所有したり、使ったりした杖は作中で3本あります。

スポンサーリンク




ドラコ・マルフォイの杖計3本|長さ・種類・素材・芯・柔軟性

1本目- 自分の杖

杖の芯

ユニコーンの毛

本体の素材(木の種類)

サンザシ

長さ

25 cm

柔軟性

明らかにされていない。

製造元・店

オリバンダー

デザイン

JKローリング氏によるデザイン

2016年4月18日、JKローリングがツイッターのアカウント上で初めて、ハーマイオニー、ハリー、ロン、ドラコ、ジニーの杖のデザインを明らかにした。

映画

pin

スポンサーリンク




2本目 – ニワトコの杖(死の秘宝)

ダンブルドアの武装解除をしたドラコは、意図せずにダンブルドアが使っていた「死の秘宝」のニワトコの杖所有者になる。
ただし、その際に杖は放置したので実際に手にとって使ったことはないし、所有者としての自覚もなかった。
(6巻 ハリーポッターと謎のプリンス)

ハリーがドラコを武装解除して、ドラコの杖を手に入れて所有者となったため、自動的にニワトコの杖の所有者がハリーになった。
(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)

3本目 – 母ナルシッサの杖

 

マルフォイ邸で、ハリーに杖(1本目)を奪われる。

その際、自動的にニワトコの杖の所有権も知らずに奪われた。
(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)

ハリーから自分の杖を奪われてドラコは、母ナルシッサの杖を譲り受ける。

しかし、その杖もホグワーツの必要の部屋でのバトルの際に失くす。
(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)