ハリーポッターシリーズに登場するヴォルデモート の魔法の杖。

その杖の芯、本体の素材(木の種類)、長さ、意味、製造元、画像などを掲載しています。

ヴォルデモートは3本の杖を使いました。
そのうちの一本は名前があります。

杖の持ち方も独特なので、画像を掲載しています。

スポンサーリンク




一本目

杖の芯

不死鳥の尾羽根。
ダンブルドアのペットのフォークスのもの。
ハリーの杖と芯が同じの兄弟杖。

本体の素材(木の種類)

イチイ

長さ

34 cm

製造元・店

オリバンダー杖店

名前

名前は特になし。

スポンサーリンク




2本目 – ルシウス・マルフォイの杖

pin

ハリーの杖とヴォルデモートの杖が兄弟杖だということをオリバンダーから聞く。
そのため、ルシウス・マルフォイの杖を強制的に借りて、7人のハリーの戦いに挑む。

その際、ハリーの杖から出た魔法でルシウスの杖が壊れる。(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)

スポンサーリンク




3本目 – グリンデルバルド→ダンブルドア愛用の「死の秘宝」ニワトコの杖

ダンブルドアがグリンデルバルドとの決闘で勝ち取った、死の秘宝で、杖の名前は「ニワトコの杖」。

ダンブルドアを武装解除をしたドラコがその所有者になる。(6巻 ハリーポッターと謎のプリンス)

ダンブルドアの死後、ニワトコの杖は墓に埋葬されたが、ヴォルデモートがそこから盗む。

ただし、ハリーがドラコを武装解除して、ドラコの杖を手に入れて所有者となったため、自動的にニワトコの杖の所有者がハリーになった。

ゆえに、ヴォルデモートはニワトコの杖でハリーを倒すことができなかった。(7巻 )

ヴォルデモートの杖の持ち方の画像

原作では、ヴォルデモートの杖の持ち方には触れていないが、映画では独特の持ち方をしている。
人指し指と中指の間に杖を挟んでいる。

 

スポンサーリンク