ハリーポッターシリーズに登場するオリバンダー店で販売された、ヴォルデモート Voldemortの魔法の杖の芯、本体の素材(木の種類)、長さ、意味、製造元、杖にまつわるエピソードなどを紹介しています。

スポンサーリンク





杖の芯

不死鳥の尾羽根。ダンブルドアのペットのフォークスのもの。ハリーの杖と芯が同じの兄弟杖。

本体の素材(木の種類)

イチイ

長さ

34 cm

製造元・店

オリバンダー杖店

スポンサーリンク




杖にまつわるエピソード

  • 2本目 – ルシウス・マルフォイの杖
    ハリーの杖とヴォルデモートの杖が兄弟杖だということをオリバンダーから聞く。そのため、ルシウスの杖を借りて、7人のハリーの戦いに挑む。その際、ハリーの杖から出た魔法でルシウスの杖が壊れる。(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)
  • 3本目 – ダンブルドアが使っていた「死の秘宝」のニワトコの杖
    ダンブルドアの武装解除をしたドラコがその所有者になる。(6巻 ハリーポッターと謎のプリンス)ダンブルドアの死後は墓に埋葬されたが、ヴォルデモートがそこから盗む。ただし、ハリーがドラコを武装解除して、ドラコの杖を手に入れて所有者となったため、自動的にニワトコの杖の所有者がハリーになった。ゆえに、ニワトコの杖でハリーを倒すことができなかった。(7巻 ハリーポッターと死の秘宝)
スポンサーリンク