ハリポタシリーズの第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に出てくる魔法具の
「姿をくらますキャビネット棚」とは?

「姿をくらますキャビネット棚」の概要、登場シーン、画像、ファンが描いたイラストなどを掲載しています。

スポンサーリンク




魔法具・英語

姿をくらますキャビネット棚
Vanishing Cabinet

「姿をくらますキャビネット棚」の概要

姿をくらますキャビネット棚は2つが対になっていて、通路のようにつながるキャビネット。
一つのキャビネットから入ると、もう一対のキャビネットから出れて、場所移動ができる。

スポンサーリンク




登場シーン

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリーは、フルーパウダーでダイアゴン横丁に行こうとしたら、誤ってノクターン横丁のボージン・アンド・バークスに行ってしまう。
店にやってきたマルフォイ親子を回避するために、店内にあった「姿をくらますキャビネット棚」の中にハリーは隠れた。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

アンブリッジの「尋問官親衛隊」のグラハム・モンタギューがグリフィンドール寮の減点をしようとしたところ、フレッドとジョージがモンタギューを「姿をくらますキャビネット棚」に押し込めた。
「姿をくらますキャビネット棚」は壊れていたので、モンタギューは5か階のトイレに詰まっていた。
モンタギューはどっちつかずの場所にいたので、それぞれの「姿をくらますキャビネット棚」のあるボージン・アンド・バークスとホグワーツの両方の雑音を聞く。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

モンタギュー事件の後、「姿をくらますキャビネット棚」は「必要の部屋」に移された。
ハリーは、謎のプリンスの上級魔法薬学の教科書を「必要の部屋」の「姿をくらますキャビネット棚」を左折したところになった戸棚に隠した。


モンタギューの壊れた「姿をくらますキャビネット棚」体験談を聞いたドラコは、それを修理する。
ボージン・アンド・バークスとホグワーツを「姿をくらますキャビネット棚」でつなぎ、死喰い人をホグワーツに招き入れる。

スポンサーリンク




第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

ハリーたちは、「必要の部屋」で「姿をくらますキャビネット棚」を起点として「レイブンクローの髪飾り」を探した。

ファンが描いたイラスト画像

スポンサーリンク