ハリー・ポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物キャラクターで、スリザリン寮代表チェーサーのグラハム・モンタギューについて、書籍の原作に基づいたプロフィールを紹介しています。

スポンサーリンク




グラハム・モンタギューのプロフィール

グラハム・モンタギューはハリーより2学年上のスリザリン寮の純血の魔法使い。ダドリーのように太っている。

クィディッチ寮代表チームのチェイサーで、7年生の時にマーカス・フリントの後を継いでキャプテンに就任。新ビーターとして、グレゴリー・ゴイルビンセント・クラッブを迎え入れた。

アンブリッジがダンブルドアを事実上追い出して校長を自称すると、監督生よりも権力を持つ「尋問官親衛隊」を作り、グラハムはそのメンバーとなり強権を他寮の生徒や先輩にも駆使して嫌がられる。アンブリッジがホグワーツで失脚すると「尋問官親衛隊」は解散となる。

同学年のジョージフレッド・ウィーズリーと仲が悪い。グラハムがグリフィンドール寮の得点を減点しようとしたところ、壊れた「姿をくらますキャビネット」に押し込められてトイレに詰まる。ただし、この事件がにヒントを得て、ドラコが「姿をくらますキャビネット」を修理して、死喰い人をホグワーツに招いた。(5巻)

名前 グラハム・モンタギュー
Graham Montague
誕生日 1977年9月1日〜1978年8月30日の間
出身 英国かアイルランド
属種 人間 魔法使い
性別 男性

容姿

肌色 青白い
特徴 ●太っている
●前腕が毛深い

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校(1989年入学)
出身寮 スリザリン
所属 ●監督生
●スリザリン寮代表選手 チェーサー(7年生の時にキャプテンを兼任)
●尋問官親衛隊 メンバー(7年生)

魔法関連

三年生時点でルシウス・マルフォイがチームに寄贈したニンバス2001を使う
スポンサーリンク




登場シーン

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画)
名前が出てきたのみ
スポンサーリンク