ハリー・ポッター(ハリポタ)とファンタスティック・ビースト(ファンタビ)シリーズに登場する、死の秘宝とは?

英語、「吟遊詩人ビードルの物語」の「三人兄弟の物語」の三兄弟、魔法使いが付けているネックレスのマークの意味などを解説します。

スポンサーリンク




死の秘宝とは?(英語)


死の秘宝とは、

  1. 無敵最強の武器「ニワトコの杖」
  2. 死者を蘇らせる「蘇りの石」
  3. 身を隠す「透明マント」

の3つの魔法具を指す。

手にいれると、死から逃れることができる、とされている。

(英語:Deathly Hallows)

「吟遊詩人ビードルの物語」の「三人兄弟の物語」

魔法使いの子供に人気の物語を集めた「吟遊詩人ビードルの物語」本内に「三人兄弟の物語」が掲載されている。

それによると、旅をしていた3兄弟が危なくて向こう側に行けない場所に行き着いたものの、魔法で橋を難なく掛けて渡るる。

それを残念がって見ていた「死」が現れて、三兄弟の勇気を称えるふりをして、何か欲しい褒美を与えると言う。

  1. 長兄は、世界で一番強い杖を欲し、「ニワトコの杖」をもらう。
  2. 次兄は、「死」を辱しめるため、愛する人達を「死」から現世に戻すことを望み、「蘇りの石」をもらう。
  3. 弟は、「死」を疑ったので、「死」から身を隠すための、死が付けていた「透明マント」をもらう。

後に、長兄はとある魔法使いと決闘をして勝つものの、別の魔法使いに「ニワトコの杖」を奪われ、殺害される。

次兄は、「蘇りの石」で昔結婚したかった女性を現世に戻すが、その女性は現世に馴染めず悲しげだったので、あの世で一緒になるために自殺。

弟は、年老いた後に「透明マント」を脱いで息子に譲り、「死」旧友として迎え、喜んでこの世を去る。

吟遊詩人ビードルの物語 新装版 (ホグワーツ・ライブラリー)

三兄弟のモデルと子孫

「三人兄弟の物語」のモデルは、死の秘宝を作ったペベレル家の三兄弟とされている。

  1. 長兄アンチオク「ニワトコの杖」製作者:子孫は現在のところ不明。ファンタビで明かされる?
  2. 次兄カドマス「蘇りの石」製作者:ゴーント家の先祖。トム・リドル(ヴォルデモート)は子孫。
  3. 弟イグノタス「透明マント」製作者:ポッター家の先祖。ハリー・ポッターは子孫。

三兄弟は、その他にも多数の魔法使いの先祖。

死の秘宝のマークと意味

死の秘宝は、三角形の中に丸と縦線が一本入ったマーク。

  1. 縦線:「ニワトコの杖」をさす
  2. 丸:「蘇りの石」をさす
  3. 三角:「透明マント」をさす

ネックレスの解説

「死の秘宝」ネックレスを付けていた人たちの解説。

ゼノフィリウス・ラブグッドのネックレス

ゼノフィリウス・ラブグッドによると、「死の秘宝」を信じる魔法使いは「死の秘宝」マークを身につけているとのこと。

ゼノフィリウス・ラブグッドも「死の秘宝」が存在すると信じていて、「死の秘宝」マークのネックレスを着用している。

グリンデルワルドのネックレス

ゲラート・グリンデルバルドは「死の秘宝」を探し求めていた。
グリンデルバルド陣営に対して「死の秘宝」マークを活用。

パーシヴァルに扮したグリンデルバルドは、特別な仲間の証しとしてクリーデンスに「死の秘宝」マークのネックレスを渡した。

スポンサーリンク




ニワトコの杖

特徴

  • 木:ニワトコの木
  • 芯:セストラルの尻尾の毛
  • 長さ:38 cm
  • 現在の主に絶対服従し、前の主への忠誠心は全くなくなる

歴代持ち主

  • 初代:アンチオク・ペベレル
  • 2代目:悪人エメリック
  • 3代目:極悪人エグバート(激烈な決闘後に入手)
  • 百年不明の後:ゴデロット(「闇の魔術」学の第一人者)
  • 後:ヘレワード(父ゴデロットを地下牢に閉じ込め獄死させて入手)
  • 18世紀初:バーナバス・デベリル(恐ろしいと評判の魔法戦士)
  • 後:ロクシアス(魔法戦士。デベリルを殺害して入手)
  • 後々:ロクシアスのその後については杖を奪ったと自称する魔法使
  • 後々々:アーカス、リビウス、ロクシアス母などが、杖の主を自称したので実際の主は不明)
  • 近年:グレゴロビッチ(ブルガリアの杖職人)
  • ゲラート・グリンデルバルドの杖(グレゴロビッチから盗む)
  • ダンブルドアのニワトコの杖(決闘後に入手)
  • ドラコ・マルフォイの杖(ダンブルドアを武装解除して主となっていた)
  • ハリーポッターの杖(ドラコを武装解除して主となっていた)

蘇りの石

マールヴォロ・ゴーントの指輪にはめ込まれていた。

それをヴォルデモートが奪い、分霊箱の一つにする。
その後、ダンブルドアがゴーント家で見つけて、グリフィンドールの剣で破壊する。

しかし、ダンブルドアは破壊前にそれが「蘇りの石」だと気付き、死者への会いたさについ触ってしまう。

スネイプに助けられるが、それでも寿命が一年のみとなってしまう。

ダンブルドアは後に、ハリーが一番初めに掴んだスニッチに指輪を入れて、ハリーに遺贈した。

ハリーは対ヴォルデモート戦で活用。

透明マント

ポッター家の家宝でジェームズの所有物だった。

アルバス・ダンブルドアに見聞のために貸し出していた最中に、ジェームズとリリーは殺害される。

そのため、ダンブルドアはハリーがホグワーツに入学した一年生のクリスマスに、透明マントをハリーに渡す。(1巻)

それ以降、ハリーは透明マントを活用。

ハリーはゴドリックの谷の墓地で、イグノタス・ペベレルの墓に「死の秘宝」マークが刻まれているのを発見。
自分がその子孫であると知る。

スポンサーリンク