ハリー・ポッター(ハリポタ)とファンタスティック・ビースト(ファンタビ)シリーズに登場する、死の秘宝とは?

英語、「吟遊詩人ビードルの物語」の「三人兄弟の物語」の三兄弟、マークの意味などを解説します。






死の秘宝とは?(英語)

死の秘宝とは、

  1. 最強の武器「ニワトコの杖」
  2. 死者を蘇らせる「蘇りの石」
  3. 身を隠す「透明マント」

の3つの魔法具を指す。

手にいれると、死から逃れることができる、とされている。

(英語:Deathly Hallows)

「吟遊詩人ビードルの物語」の「三人兄弟の物語」

魔法使いの子供に人気の物語を集めた「吟遊詩人ビードルの物語」本内に「三人兄弟の物語」が掲載されている。

それによると、旅をしていた3兄弟が危なくて向こう側に行けない場所に行き着いたものの、魔法で橋を難なく掛けて渡るる。

それを残念がって見ていた「死」が現れて、三兄弟の勇気を称えるふりをして、何か欲しい褒美を与えると言う。

  1. 長兄は、世界で一番強い杖を欲し、「ニワトコの杖」をもらう。
  2. 次兄は、「死」を辱しめるため、愛する人達を「死」から現世に戻すことを望み、「蘇りの石」をもらう。
  3. 弟は、「死」を疑ったので、「死」から身を隠すための、死が付けていた「透明マント」をもらう。

後に、長兄はとある魔法使いと決闘をして勝つものの、別の魔法使いに「ニワトコの杖」を奪われ、殺害される。

次兄は、「蘇りの石」で昔結婚したかった女性を現世に戻すが、その女性は現世に馴染めず悲しげだったので、あの世で一緒になるために自殺。

弟は、年老いた後に「透明マント」を脱いで息子に譲り、「死」旧友として迎え、喜んでこの世を去る。

著:Rowling, J.K., 翻訳:Matsuoka, Yuko
¥668 (2024/05/21 11:26時点 | Amazon調べ)

三兄弟のモデルと子孫

「三人兄弟の物語」のモデルは、死の秘宝を作ったペベレル家の三兄弟とされている。

  1. 長兄アンチオク「ニワトコの杖」製作者:子孫は現在のところ不明。ファンタビで明かされる?
  2. 次兄カドマス「蘇りの石」製作者:ゴーント家の先祖。トム・リドル(ヴォルデモート)は子孫。
  3. 弟イグノタス「透明マント」製作者:ポッター家の先祖。ハリー・ポッターは子孫。

三兄弟は、その他にも多数の魔法使いの先祖。

死の秘宝のマークと意味

死の秘宝のマークは、三角形の中に丸と縦線が一本入ったもの。

  1. 縦線:「ニワトコの杖」をさす
  2. 丸:「蘇りの石」をさす
  3. 三角:「透明マント」をさす






ニワトコの杖

最強の杖と言われている「ニワトコの杖」は、物語中ではグリンデルワルド、ダンブルドア、ヴォルデモート、ハリー・ポッターが使った。

蘇りの石

死者がよみがえるといわれている蘇りの石は、物語の中ではゴーント一族が持っていて、ダンブルドアが手に入れた後にハリー・ポッターに遺贈した。

透明マント

姿を隠すことができる透明マントは、ダンブルドアを通じてハリー・ポッターが父親から譲り受けた。