ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物キャラクター、アンドロメダ・トンクス。名家ブラック家出身で、ニンファードラ・トンクスの母のアンドロメダについて、書籍の原作に基づいたプロフィールなどを紹介しています。

スポンサーリンク




アンドロメダ・トンクスのプロフィール

アンドロメダ・トンクスは、名家フラック家出身の純血の魔法使い。姉は死喰い人のベラトリックス・レストレンジ。妹はドラコの母、ナルシッサ・マルフォイ。シリウス・ブラックは従兄弟で、アンドロメダのことを一番気に入っていた。

ホグワーツに入学後、スリザリンに組み分けされる。

後にマグル出身のテッド・トンクスと結婚。その時点で純血主義者のブラック家の家系図から、アンドロメダの名前が抹消された。後に、ベラトリックスは、妹はナルシッサだけで、アンドロメダのことを妹と認識していないとヴォルデモートに伝える。

1973年に一人娘のニンファードラ・トンクスを授かる。

ヴォルデモートの復活後、マグル出身の魔法使いの迫害が始まり、夫テッドは逃亡生活を余儀なくされ、1998年3月に人さらいに殺害される。

また、同年5月に娘ニンファードラと義理の息子リーマス・ルーピンもホグワーツの最後の戦いで戦死。

アンドロメダは次々に家族を失うが、生まれたばかりの孫息子テディ・リーマス・ルーピンを引き取り育てる。

本名 アンドロメダ・トンクス
Andromeda Tonks
誕生 1951〜1955年の間
属種 人間 魔法使い 純血
性別 女性
婚姻 死別
所属 不死鳥の騎士団に所属はしていないものの、ハリーに自宅を提供したりして協力している

外見

明るい茶色
姉ベラトリックスよりも大きく優しい感じ
特徴 姉ベラトリックスに似ている

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 スリザリン

家族

シグナス・ブラック3世
ドゥルーエラ・ブラック (旧姓ロジエール)
ベラトリックス・レストレンジ(旧姓ブラック)
ナルシッサ・マルフォイ (旧姓ブラック)
テッド・トンクス
ニンファドーラ・トンクス
義理の息子 リーマス・ルーピン
孫息子 テディ・リーマス・ルーピン
親族 ポラックス・ブラック (父方の祖父)
イルマ・ブラック (旧姓クラッブ 母方の祖母)
シリウス・ブラック (父方の従弟)
レギュラス・ブラック (父方の従弟)
他、レストレンジ家、ブラック家、トンクス家、マルフォイ家、ロジエール家、ウィーズリー家の親族
スポンサーリンク




登場シーン

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・映画・ビデオゲーム)
名前が出てくるのみ
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・映画PART2・ビデオゲームPART2)
映画とビデオゲームは名前が出てくるのみ
スポンサーリンク