Harry Potter ハリーポッターに出てくる魔法生物(魔法動物)の
ヒッポグリフ Hippogriff
の名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

バックビークについても、そのあしどりを掲載。

スポンサーリンク




魔法生物

ヒッポグリフ
Hippogriff

名称の語源・由来・意味

ギリシャ古来以降、物語に出てくるグリフィンと雌馬の間に生まれた生物をヒッポグリフと言う。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地

ヨーロッパ

概要

ヒッポグリフは上半身の頭、前足、翼が大鷹のようで、下半身の胴と後ろ足と尻と尾がライオンの半鳥半馬の魔法生物。

前脚の鉤爪は約15〜16cmもある。目はオレンジ色。翼や体毛は灰色、赤銅色、赤点の入った褐色、栗色、黒色など様々。

プライドが高く、馬鹿にされると反撃する。

食べ物は、虫、鳥、小型哺乳類。

大きな卵を一回に一つ産む。
孵化は1日以内。飛行可能にはるのは1週間程。長距離飛行が可能にはるのは数ヶ月後。

ヒッポグリフは自分が認めた人でないと近づくことすらできない。

ヒッポグリフと数秒間目と目を合わせ、お辞儀した後、ヒッポグリフがお辞儀するまで待つ。
お辞儀をしてくれれば、近づいて触ってもいいというサイン。

ヒッポグリフの守護霊(パトローナス Patronus)を作ることは可能。

スポンサーリンク




登場巻とバックビーク(ウィザウィングズに後改名)のあしどり

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(ビデオゲーム)
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画・ビデオゲーム)
魔法生物飼育学の授業でハグリッドは、バックビークと名付けたヒッポグリフの扱いを生徒に教える。
その際にハリーは華麗に乗りこなす。

しかし、バックビークがドラコ・マルフォイに怪我をさせてしまったため、父のルシウスが学校に講義をして、バックビークを処刑することになる。

ハリーとハーマイオニーは、タイムターナーを使って過去に戻り、無実のシリウスを救うと同時にバックビークの処刑を回避する。

シリウスはバックビークに乗って逃走する。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画)
バックビークはシリウスと共にブラック邸に居住。
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍・ビデオゲーム)
バックビークはシリウスと共にブラック邸に居住。
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
シリウスの死後、バックビークは「ウィザウィングズ」と改名されてハグリッドが引き取る。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
ウィザウィングズ(元バックビーク)は、仲間のヒッポグリフと共にホグワーツ最後の戦いに参戦。

幻の動物とその生息地 (書籍)
Pottermore
スポンサーリンク