ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)に出てくる魔法生物の
ホークランプ。

その英語名称、分類、概要、登場作品などをまとめています。

スポンサーリンク




ホークランプとは?|ハリーポッター(ハリポタ)

英語

ホークランプ
Horklump

魔法省分類(M.O.M.分類)

X:雑魚レベル
ニュートスキャマンダーの調査で、識別が不可能だったのでとりあえずXレベルになっている。

原産地

スカンジナビア

生息地

北ヨーロッパ。スコットランドでも見かけられた。

概要

ピンク色の肉でできたキノコような風貌なので、植物に見えるが動物。

細く筋肉質の触手を使ってミミズをまえる。

ノーム/庭小人は好んでホークランプを食べる。

繁殖は非常に早く、普通サイズの庭が数日でホークランプだらけになってしまう程。

ストリーラーの毒でホークランプを駆除することができる。

ロックハート先生はその著書で、ホークランプ駆除の仕方と武勇伝を紹介している。(真実かは不明)

分泌液の魔法薬への用途

Wiggenweld Potionなどの治癒薬や、除草薬に使われる。

スポンサーリンク




登場作品

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(ビデオゲーム)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(ビデオゲーム)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(ビデオゲーム)
幻の動物とその生息地 (書籍)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(脚本書籍・映画)
吟遊詩人ビードルの物語 (書籍)