ハリーポッター(ハリポタ)のファンタスティック・ビースト(ファンタビ)シリーズ、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物のストリーラー。

ストリーラーの英語、MOM分類、原産地、生息地、概要、登場作、ファンが描いたイラスト画像などを紹介しています。
ホグワーツの謎のふくろう試験に出る、ストリーラーの殻についても掲載しています。

スポンサーリンク




魔法生物・英語

ストリーラー
Streeler

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地

アフリカ

生息地

アフリカ。ヨーロッパ、アジア、北アメリカで魔法使いが飼育を成功された。

概要

ストリーラーは巨大なカタツムリ。
殻には尖った棘があり、そこから毒を出す。
鳥や小動物からの防御として、威嚇するか殺す。

ストリーラーの棘に刺されないためには、分厚い耐性のある手袋をする。

色が万華鏡のように変わるのが好きな愛好家は、ストリーラーをペットにする。

ストリーラーの殻

ストリーラーは、1時間に一回色を変える。

ストリーラーの毒

ストリーラーの毒はホークランプを殺すことができる。
通ったところに毒を吐いていく。
猛毒のため、毒が当てられた部分の草は燃え上がる。

魔法具・魔法薬などへの用途

毒は、ドクシーの駆除に使うドクシー・キラー薬の原材料として使われる。

スポンサーリンク




登場作

書籍「幻の動物とその生息地」に掲載されている他、以下の作品に登場する。

第2作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

13才のニュートは物置でストリーラーをこっそり飼っていた。

ホグワーツの謎

5年目 第25章。
「ふくろう」試験にストリーラーが出る。

ストリーラーの殻はどれくらい頻繁に色を変える?
1時間ごと

ファンが描いたイラスト画像

スポンサーリンク