ハリーポッターに出てくる魔法生物の
火を吐く鶏。

その英語名称、由来や意味、概要、登場巻やシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物・英語名

火を吐く鶏
Fire-breathing chicken

由来

由来は明らかにされていない。

日本の愛知県(昔の伊予)の伝説の怪鳥、波山(ばさん)は鶏に似ている火を吐く怪鳥。

概要

作中では火を吐く鶏の概要は明らかにされていない。

魔法省のエレベーターの前で、ボブという名前の職員が大きなダンボール箱に入った火を吐く鶏を抱えていた。
ダンボール箱の中からガリガリという音が聞こえてきた。
ボブによると、詳細は不明だが「実験的飼育禁止令」の重大違反らしい、とのこと。
(5巻 ハリー考察)

スポンサーリンク




登場作品

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • ハリーポッター:魔法同盟

書籍「幻の動物とその生息地」では紹介されていない。

スポンサーリンク