ハリーポッターに出てくる魔法生物の
尻尾爆発スクリュート。

その英語名称、由来や意味、概要、登場巻やシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物・英語名

尻尾爆発スクリュート
Blast-Ended Skrewts

由来・意味

尻尾爆発スクリュートは、ハグリッドがマンティコア ファイア・クラブ(火蟹)を掛け合わせてつくって命名した魔法生物。

ホグワーツの「魔法生物飼育学」の授業で飼育。
違法であるとして日刊預言者新聞のリータ・スキーターが暴露した。

概要

尻尾爆発スクリュートは、殻を剥いた奇形のロブスターかサソリのような見た目。
孵化時の体長は15〜16cm程で、胴体はとても青白く、ヌメヌメしている。
腐った魚のような臭いがする。
尾尻からパンという音を立てて、火花を散らす。
雄は針を持っていて、メスはお腹に吸盤がある。

しばらく経つと大きくなり、共食いもあった。

三大魔法学校対抗試合の第三の課題で特大の尻尾爆発スクリュートが登場した。

スポンサーリンク




登場作品

書籍「幻の動物とその生息地」では紹介されていない。
4巻以外は名称が出てきたのみ。

  • 第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ハリーポッター:魔法同盟
スポンサーリンク