Harry Potter ハリーポッターとファンタスティックビーストシリーズに出てくる魔法生物(魔法動物)の
デミガイズ Demiguise
の分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

デミガイズ
Demiguise

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

生息地

東アジア

概要

平和的で草食性の魔法動物。猿に似ていて、目は大きな黒、毛は絹のようにふさふさしている。

目に見えない状態になることができる上、予知能力がある。

その上、デミガイズ捕獲の訓練を受けている魔法使いだけに見えるので、捕獲するのは非常に困難。

予想外の行動を起こしてデミガイズを捕獲するしか方法はない。

デミガイズが完全に透明になった状態を「0」状態といったように数値化している。

魔法具・魔法薬などへの用途

デミガイズの毛は透明マントの素材として活用される。ただし、年月が経過したり、魔法を受けたりすると、徐々に半透明になって効果は持続しない。

スポンサーリンク




登場巻

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(ビデオゲーム)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
幻の動物とその生息地 (書籍)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (脚本書籍・映画)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)
スポンサーリンク