Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のピクシー妖精 Pixieの名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

ピクシー妖精
Pixie

名称の語源・由来・意味

ピクシー(Pixie)、又はピグシー、ピスキーは、イングランドのコーンウォール他、南西部諸州の民話に出てくる妖精。各地域の伝承により姿は異なる。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地・生息地

英国のイングランドのコーンウォールに集中。

概要

ピクシー妖精は、電気を帯びたような鮮やかな青色をしている妖精。最大身長は20cm。小さいのに力持ち。羽はないが飛ぶことができる。(ただし、映画ではなぜか羽が付いている)

悪戯が大好きで、木やビルの上などの高い所まで人の耳を引っ張って運び、置き去りにしたりして楽しむ。

ピクシーは仲間とだけ、コミュニケーションを図る。ピクシーの声は、甲高く耳障り。

群青色。悪戯好き。羽はないが飛んでいる。ボーっとしている人間を高いところに置き去りにすることがある。非常に甲高い声で仲間と会話する。胎生。

スポンサーリンク




登場巻

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(ビデオゲーム)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画・ビデオゲーム)
闇の魔術に対する防衛術の授業にロックハートがピクシー妖精を連れて来た。ピクシーはネビルの耳を掴んて浮揚したり、他の生徒に悪戯をしたりして、授業はめちゃくちゃに。ハーマイオニーが硬直の呪文を放ち、収拾した。
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(ビデオゲーム)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画・ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍・ビデオゲーム)
第8巻 ハリー・ポッターと呪いの子(書籍・舞台)
幻の動物とその生息地 (書籍)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)
スポンサーリンク