Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のプリンピー Plimpyの名称の意味、分類、生息地、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

プリンピー
Plimpy

名称の語源・由来・意味

英語でPlimpyとは太っているという意味。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

生息地

深い湖

概要

プリンピーは斑点の付いたボールに水掻きの付いた2本足を持つ魚。湖の底を足で歩き、水カタツムリなどを採って食べる。

実害や危険はないが、湖で泳いでいる人の足や水着をかじったりする。

マーピープルはプリンピーを害魚扱いしている。ピリンピーの足を持ち遠くへ放り投げて駆除する。

スポンサーリンク




登場巻

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
ハリーとロンとハーマイオニーがルーナの家を訪ねた際に、父のゼノフィリウス・ラブグッドは「ルーナはボトムブリッジの近くに淡水プリンピー釣りに行っている」と伝えた。実はルーナは死喰い人の捕虜となっていた。
幻の動物とその生息地 (書籍)
スポンサーリンク