Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のフェニックス/不死鳥の名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

フェニックス/不死鳥
Phoenix

名称の語源・由来・意味

死んでも蘇ることで永遠に生きるといわれる伝説上の鳥。原型は、古代エジプトの神話に出てくる聖なる鳥ベンヌだと言われている。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

原産地・生息地

エジプト、インド、中国

概要

見た目

フェニックス/不死鳥は、白鳥くらいの大きさの鳥。真紅色の体で、羽毛は赤色と金色。
目は黒。
くちばしと足は金色。尾は孔雀のように長い。

フェニックスは衰えると、目が鈍くなり、羽毛が抜けて七面鳥が半分羽毛を抜かれたような状態の姿になり、煩く鳴く。
そして、自らを炎で包み燃やして灰にして、その灰から新しく雛として生まれ変わる。故に不死。

住みか

巣は山頂にある。

性質

温厚な性格で、戦いを好まない。
ペットにするのは難しいが、なれば忠実。

特徴

かなりの重さのものを運ぶことができる。
フェニックスが歌う歌は、善人に勇気を与え、悪人に恐怖を与える。

瞬間移動が可能。

守護霊として形作ることができる。

魔法具・魔法薬などへの用途

強力な癒し効果がある。

羽毛

杖の芯として使われている。ダンブルドアのペットの不死鳥フォークスから杖の芯用として二本の羽毛が提供されて、それぞれハリーとヴォルデモートの杖に使われていた。

ハリー・ポッターの杖
ヴォルデモートの杖

【ダンブルドアの不死鳥フォークス】


スポンサーリンク




登場巻

書籍「幻の動物とその生息地」の他に以下に登場。

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石

ハリーは不死鳥の尾を芯に使った杖を買った。

第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋

秘密の部屋でバジリスクと戦っていたハリーにクリフィンドールの剣を取り出せる組み分け帽子を持って来てくれた。
その際に、バジリスクの目を突いてハリーを援護。致命傷の毒でやされたハリーの傷もその涙で癒した。
そのうえ、ハリー、ロン、ジニー、ロックハートをぶら下げ、校長室まで素早く飛んで運んだ。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット

三大魔法学校対抗試合前に、不死鳥の尾の芯に使ったハリーの杖の検査をされた。

第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

魔法省での戦いで、ヴォルデモートがハリーに放った死の呪文を飲み込んでその場で炎に包まれ、また生まれ変わった。

第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス

ダンブルドアの葬式の際に、悲しみの唄を歌い、青空へ飛び去っていった。

第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝

ダンブルドアのペットの不死鳥フォークスが、校長室にいた。

第2作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

クリーデンス・ベアボーンは、不死鳥のひなの世話をしていた。

スポンサーリンク