Harry Potter ハリーポッターに出てくる魔法生物(魔法動物)の
クラバート Clabbert
の名称の意味、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

クラバート
Clabbert

名称の語源・由来・意味

Clabberはスコットランド語で泥。英語の方言で、腐らせる、凝固されるという意味。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XX:無害でペットも可能なレベル

生息地

アメリカ南部でよく見られるが、世界中に生息。

概要

クラバートは、猿とカエルの間の子のような生物。肌は滑らかで、まだらな緑色をしている。短い尖った角が頭に2本付いていて、鋭い歯がカエルの様な広い口に生えている。手足は長く、木々の移動を容易にしている。額には、膿疱があり、危険を感知すると赤く点滅する。食物は小さなトカゲや鳥類。

夜、木に沢山クラバートがいてそれにマグルが近づくと、赤い膿疱が点滅してクリスマスツリーのように見える。

スポンサーリンク




登場巻

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(ビデオゲーム)
幻の動物とその生息地 (書籍)
スポンサーリンク