Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のオカミー Occamyの名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

オカミー
Occamy

名称の語源・由来・意味

オッカムのウィリアム(剃刀のオッカム)から来ていると言われている。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

原産地・生息地

東アジア、インド

概要

オカミーは羽が付いた蛇のような姿をしている。最長4.5m程。近づいてくる者に対して、攻撃的でかなり獰猛。虫、ドブネズミ、鳥、そして時折猿を食する。

卵は純銀色で柔らかく、卵を必死で守る。

オカミーは狭い空間に身を寄せるために、収縮することができる。

希だが、オカミーの守護霊を作り出す魔法使いもいる。

魔法具・魔法薬などへの用途

卵の殻

フェリックス・フェリシス(幸運の液体)の必須の原材料として使われる。


スポンサーリンク




登場巻

幻の動物とその生息地 (書籍)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シナリオ書籍・映画)
1926年、ニューヨークを訪れたニュートスキャマンダーのスーツケースに数匹のオカミーも入っていた。

ニュートが起き忘れていたオカミーの卵がジェイコブ・コワルスキーの前で、孵化しそうになった。

後に、ニュートはジェイコブにパン屋の開店資金のために、オカミーの卵の殻をあげた。

オカミーはシルバヌス・ケトルバーン先生がホグワーツに連れて来た。

ロックハートはオカミーの卵で特製のヘアケアプロダクトの大量生産を夢見ていた。

Pottermore(J・K・ローリングのサイト)

スポンサーリンク