ハリーポッター(ハリポタ)シリーズの登場人物で、「魔法生物飼育学」の元教師、シルバヌス・ケトルバーン先生。

先生の書籍に基づいたプロフィール、ホグワーツの謎での画像などを紹介しています。

スポンサーリンク




シルバヌス・ケトルバーン先生のプロフィール

シルバヌス・ケトルバーン先生は、「魔法生物飼育学」の元教授。
片腕と片足がない。

「魔法生物飼育学」で優秀生徒だったので教師に

ホグワーツ在学中に「魔法生物飼育学」で優秀だったため、教師の座を得ることができた。

62回以上も休職処分を受けるが慕われていた

ただし、62回以上も休職処分を受ける。
演劇の演出として用意したアシュワインダーで、大広間を火事にして、怪我人を出すなどの惨事を引き起こす。

ダンブルドア校長の前任者、デイペット校長とケトルバーン先生はあまり仲がよろしくなかった模様。
しかし、先生や生徒からは慕われていたとのこと。

余生を楽しむために退職

秘密の部屋が開いて、ハグリッドが過去に’退学処分となった罪が無罪だと証明されると、教師の座を譲って、ケトルバーンは余生を楽しむために引退する。

本編の作中や映画では登場していないが、
エッセイ集ホグワーツ勇気と苦難と危険な道楽
で解説している。

スポンサーリンク




本名
英語
シルバヌス・ケトルバーン
Silvanus Kettleburn
誕生 ?年11月22日
出身 英国 イングランド西部 ディーンの森
属種 人間 魔法使い
性別 男性
婚姻 未婚
職歴 【ホグワーツ魔法魔術学校】
魔法生物飼育学 (~1993年)

外見・画像

片腕と片足の半分がない。
義手、義足をつけている。

学歴

出身校 ホグワーツ魔法魔術学校
出身寮 ハッフルパフ

不死鳥の羽、栗、29cm、しなやか。

スポンサーリンク




登場シーン

  • 第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍・映画で名前がでてきたのみ)
  • ホグワーツの謎(登場)
  • エッセイ集ホグワーツ勇気と苦難と危険な道楽(解説)
スポンサーリンク