ハリーポッターシリーズ、書籍「幻の動物とその生息地」に出てくる魔法生物のパフスケイン。

その英語名称、MOM分類、原産地、生息地、概要、登場作品などを紹介しています。

スポンサーリンク




パフスケインの英語|ハリーポッター(ハリポタ)

パフスケイン
Puffskein

魔法省分類(M.O.M.分類)

XX:無害でペットも可能なレベル

原産地・生息地

世界各地

概要

パフスケインは柔らかいクリーム色の毛で覆われた球体型をしている。舌は細長く、ピンク色。ペットとして人気。抱っこをしたり、投げたりしてもおとなしく、世話が楽。満足するとフンフンと低く鼻歌を歌う。

ゴミや腐敗したもの、虫の亡骸や蜘蛛など、色々食べる。ピンクの長い舌を使って、魔法使いが寝ている間にその鼻糞を食べる。これが魔法使いに好評。

ダイアゴン横丁の魔法動物ペットショップMagical Menagerieでパフスケインを買うことができる。

パフスケインの毛の魔法薬への用途

刈られた毛は、笑い薬などの魔法薬の原材料として使われる。

スポンサーリンク




登場作品

幻の動物とその生息地 (書籍)
第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(ビデオゲーム)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(ビデオゲーム)
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(書籍)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍・映画)
フレッドジョージ・ウィーズリーはパフスケインの小型種、ピグミーパフ(Pygmy Puff)の繁殖に成功。
ピンクと紫の2種類があり、ダイアゴン横丁で経営している悪戯グッズのウィーズリー・ウィザード・ウィーズ店で販売。
繁殖が追いつかないくらい人気がある。

妹のジニーはピグミーパフを購入した。


by WizardingWorld