ハリポタシリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に出てきて、フラーと対戦した
ドラゴン「ウェールズ・グリーン普通種」。

その英語、分類、概要、特徴、登場巻、画像、ファンの描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

ドラゴン【ウェールズ・グリーン普通種】
Common Welsh Green

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXXX:魔法使いを殺害できる程強いレベル。調教やペットは不可能。

原産地

英国ウェールズ

生息地

高度の高い山岳地域に生息

概要

全長5.5メートル程の緑色のドラゴン。

ドラゴンの中では大人しく遠吠えは音楽のように美しい。

口から細い噴射火を放つ。

羊や小哺乳類を好んで食べ、人と遭遇するのを避ける。

卵は緑ががかった土色。

スポンサーリンク




登場巻

書籍「幻の動物とその生息地」で紹介されている他、以下に登場。

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(書籍)

名称が出てきたのみ。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画)

フラー・デラクールが三大魔法学校対抗試合の第一の課題でウェールズ・グリーン普通種のドラゴンと対決。

フラーは、ドラゴンに魔法をかけて眠らせてから金の卵を取る。ただし、いびきのブレスでスカートを燃やされたので、水を出して消す。

ファンの描いたイラスト

スポンサーリンク