Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のムーンカーフ Mooncalfの名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

ムーンカーフ
Mooncalf

名称の語源・由来・意味

近代英語でMooncalfはアホは人という意味。シェークスピア著のテンペストに登場するステファノはカリブ人のことをムーンカーフと呼んだ。幾何学的にムーンカーフは、UFOが作ったミステリーサークルを意味する。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XX:無害でペットも可能なレベル

原産地・生息地

世界各地

概要

ムーンカーフは、内気な魔法生物で満月の時だけ巣穴から出てくる

薄灰色の皮膚は滑らかで、長い首、ひょろっとした脚、水かきのある足がある。目は頭のてっぺんに青い目が二つ付いている。

満月の光の下でムーンカーフは複雑なダンスを踊る。それは交尾の儀式の一環と考えられるが、小麦畑に幾何学的な模様を作ってしまい、それをマグルがミステリーサークルと勝手に解釈をしてしまっている。

魔法具・魔法薬などへの用途

太陽が昇る前に確保したムンカーフの糞は、魔法植物を強くして、成長も早める。

スポンサーリンク




登場巻

幻の動物とその生息地 (書籍)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シナリオ書籍・映画)
1926年、ニュートスキャマンダーがニューヨークを訪れた際、彼のスーツケースの中にムーンカーフが入っていた。
吟遊詩人ビードルの物語 (書籍)
スポンサーリンク