Harry Potter ハリーポッター、「幻の動物とその生息地」の本に出てくる魔法生物・魔法動物(ファンタスティックビースト)のイエティ Yetiの名称の意味、MOM分類、原産地、生息地、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

イエティ
Yeti

名称の語源・由来・意味

イエティ (yeti) は、ヒマラヤ山脈に住むと言われている未確認動物で、現地の伝承にも出てくる。

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

原産地・生息地

チベットのヒマラヤ山脈

概要

イエティは、ヒマラヤ山脈に住む巨人に全身白毛を生やして、爪を鋭くしたような風貌のスノーマン。平均の直立身長は4.5m程。

高度の魔法を操る魔法使いの火を恐れる。

ただし、出会ったもの全てを攻撃して食べるので、近づいて研究する魔法使いはいない。

多数のマグルがイエティを見かけている。

スポンサーリンク




登場巻

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(ビデオゲーム)
名称が出てきたのみ
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画)
闇の魔術に対する防衛術の授業で、ロックハート先生がイエティについて教えた。
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)
ゼノフィリウス・ラブグッドが編集長の雑誌「ザ・クィブラー」に、イエティの足跡らしきものが見つかった、と掲載された
幻の動物とその生息地 (書籍)
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)
名称が出てきたのみ
スポンサーリンク