しわしわ角スノーカックは、ハリー・ポッターの物語に名称だけが登場する魔法生物。

ルーナ・ラブグッドと父だけがその存在を信じているが、実在するかどうかは不明。

英語の名称、特徴、登場作品をまとめています。

スポンサーリンク




しわしわ角スノーカックの英語

Crumple-Horned Snorkack
しわしわ角スノーカック

Kacky Snorgle
カッキー・スノーグルとロンは呼んでいた。

しわしわ角スノーカックの特徴

ルーナ・ラブグッドによると、しわしわ角スノーカックは飛べない魔法生物だとのこと。

スウェーデンに生息しているとのことで、父ゼノフィリウスと一緒にその存在を探しに旅行をした。

ゼノフィリウス・ラブグッドは、エルンペントの角をしわしわ角スノーカックと間違えていた。
そのため、しわしわ角スノーカックの角だと思って手に入れ、居間に飾っておいたエルンペントの角が爆発して自宅が半壊する。

しわしわ角スノーカック存在するかどうかは不明。

しわしわ角スノーカックの登場作品

  • 第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  • 第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝
  • ホグワーツの謎