Harry Potter ハリーポッターの幻の動物(ファンタスティックビースト)とその生息地に出てくる魔法生物(魔法動物)の
ダグボッグ
の英語、名称の意味、分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

ダグボッグ
Dugbog

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXX:有能な魔法使いは対処が可能なレベル

原産地・生息地

北米、南米、ヨーロッパの沼地

概要

静止していると枯れ木に似ている。

ひれ付きの足と鋭い歯があり、湿地を滑って移動する。

人間が住処に踏み込んだ場合、その足首に噛み付く。

マンドレイクを好んで食べる。

ゆえにマンドレイク栽培者は、マンドレイクを地面から引き抜いた時に血まみれになったものを見つけることがある。

スポンサーリンク




登場巻

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(書籍)
ロン・ウィーズリーが「闇の魔術に対する防衛」の授業でスネイプから与えられた課題で、ディメンター対策について論文を書いた際、綴り修正機能つき羽根ペンの効果が薄れて「Dementors」のはずが「Dugbogs」となる。
幻の動物とその生息地 (書籍)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)
グレート湖でハイキングをしていたノーマジがダグボッグに攻撃されたとアメリカの魔法界新聞「ニューヨークゴースト」で掲載された。
スポンサーリンク