Harry Potter ハリーポッターシリーズ(ハリポタ)に出てくる魔法薬の材料の
マンドレイク/マンドラゴラ
の英語、特徴、効果・効能・用途、この材料を使う魔法薬、登場巻や場面のシーンなどを紹介しています。

スポンサーリンク






【マンドレイク/マンドラゴラ】

材料名

マンドレイク/マンドラゴラ
Mandrake

マンドレイク/マンドラゴラの特徴

マンドレイクの根は人に似ている。
成長したマンドレイクの根の悲鳴を聞くと死に至る。

ダグボッグの好物はマンドレイク。

マンドレイク/マンドラゴラの材料を使う魔法薬

ほとんどの回復剤や解毒剤の材料として使われる。

スポンサーリンク




登場巻とシーン

第1巻 ハリー・ポッターと賢者の石(ビデオゲーム)
第2巻 ハリー・ポッターと秘密の部屋(書籍・映画・ビデオゲーム)
薬草学の授業でマンドレイクを扱った際に、スプラウト先生は生徒に耳覆いをつけさせた。
第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(ビデオゲーム)
第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍)
第5巻 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(ビデオゲーム)
第6巻 ハリー・ポッターと謎のプリンス(ビデオゲーム)
第7巻 ハリー・ポッターと死の秘宝(書籍)
Pottermore
ホグワーツミステリー

現実世界の薬用としてのマンドレイク/マンドラゴラ

効能

  • 鎮痛薬
  • 鎮静剤
  • 便秘薬

副作用・毒用

  • 幻覚
  • 幻聴
  • 嘔吐
  • 瞳孔拡大
  • 神経毒(致死もあり)
スポンサーリンク