Harry Potter ハリーポッターに出てくる魔法生物(魔法動物)の
グラップホーン Graphorn
の分類、概要、登場巻などを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物

グラップホーン
Graphorn

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXX:危険レベル。専門知識と技能を持つ魔法使いなら対処が可能。

原産地

ヨーロッパ

生息地

ヨーロッパの山地

概要

グラップホーンは、サーベルタイガーに似ている。皮膚は灰色がかった紫色で、ドラゴンのそれよりも丈夫で殆どの呪文を弾く。角は2本あり、鋭く金色。4つ足で指がある。口には触手のようなものが付いていて、食べ物を取って口に入れるのに使う。とても獰猛な魔法生物。

2020年にハンガリーで、マウンテントロールがグラップホーンに馬乗りしているのが報告された。

魔法具・魔法薬などへの用途

角は、稀な毒にも効く解毒剤の高価な材料で、重用されている。

スポンサーリンク




登場巻

第3巻 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(ビデオゲーム)
幻の動物とその生息地 (書籍)
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(シナリオ書籍・映画)
1926年、ニュートがニューヨークを訪れた際に、スーツケースの中に飼育していた生き残りの成体と幼体のグラップホーンを入れていた。
Pottermore(J・K・ローリングのサイト)
スポンサーリンク