ハリポタシリーズ第4作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に出てきてハリー対戦した
ドラゴン「ハンガリー・ホーンテイル種」。

炎を吐き、最強だと言われています。

その英語、分類、概要、特徴、登場巻、画像、ファンの描いたイラストなどを紹介しています。

スポンサーリンク




魔法生物・英語

ドラゴン【ハンガリー・ホーンテイル種】
Hungarian Horntail

魔法省分類(M.O.M.分類)

XXXXX:魔法使いを殺害できる程強いレベル。
調教やペットは不可能。

原産地

ハンガリー

スポンサーリンク




概要

トカゲのような風貌。

体の鱗は黒。
目は黄色で瞳孔は猫のように縦。
角は銅色。
尾は銅色で尖っている。

雄叫びは轟音で、吹く炎は15mで非常に高温。

卵はセメント色で硬い。

牛、羊、山羊を好んで食べるが、人間を食べることもある。

ドラコンの中で一番獰猛な部類の一種。

スポンサーリンク




登場巻

書籍「幻の動物とその生息地」で紹介されている他、以下に登場。

第4巻 ハリー・ポッターと炎のゴブレット(書籍・映画)

ハリーが三大魔法学校対抗試合の第一の課題でハンガリー・ホーンテイル種のドラゴンと対決。

ハリーは、ファイアーボルトの帚を呼び寄せ、ドラゴンと追いかけっこをして場内を飛び回り、最後に金の卵を獲得。

ファンの描いたイラスト

スポンサーリンク